2016年06月02日

山海関

いま書いている長編のオープニングを河北省山海関に設定したので、ちょこっと行って見てきた。

物語では1935年に中国で実施された通貨制度改革を扱っている。当時アメリカでは、銀算出業界の要請に応じて大統領が銀価格を吊り上げていた。銀本位制度を採用していた中国では銀価格が上がればそれに並行して自国通貨高となる。極端な元高が発生し、ために中国はひどい不況に陥っていた。そこで銀の輸出に課税して銀の国内価格を海外での価格に比べて安く抑えることにした。銀の国内価格は国際価格の約半分となった。その結果、密輸が横行した。

その銀密輸の舞台となったのが山海関。山海関の北側はもう満洲国で、日本人も中国人も、せっせと銀貨や銀塊を満洲国へ持ち出した。小さめのトランクに2000枚の銀貨(だいたい50kgくらいになる)を詰めて国境を越えれば、銀貨1枚=1元は現代の日本円で1000〜2000円の価値があったので、トランク1個で数百万円相当の儲けになった。

山海関の長城の北側には満洲中央銀行の支店があった。密輸されてきた銀を買い取るために設置された支店である。一国の中央銀行が密輸に加担していたんだから、まあひどい話だ。

image.jpegさて、山海関はちょっと前まで万里の長城の東の端っこといわれていたところ(いまは遼寧省の虎山長城が東端とされている)。写真は長城が海に落ちる老龍頭で、すなわち東の端っこの山海関のなかの東の端っこ。海にはみ出して長城がつくられている。


image.jpegで、で、でかいね。まさに中国という感じ。写真は山海関の正門ともいうべき「天下第一関」。老龍頭から5kmほど内陸になるのだけど、むかしは老龍頭からここまで長城が連なっていた。


image.jpegそして山海関駅。満洲国との境の駅ということで数々の小説にも描かれている。おそらく駅も線路も場所は1930年代から変わっていない。張作霖も爆殺される直前にこの駅に立ち寄ったはず。『カレンシー・ウォー』を書いている時に読んだ資料の中に、1938年に大蔵省の財務官以下3人が北京へ赴任するため山海関駅に立ち寄り、税関検査のために荷物をいったんプラットフォームにおろしたら、汽車が走り出して焦った、ということが書いてあった。そんな事件もこの写真の奥のほうに写っているプラットフォーム上でのできごとだ。

冒頭で、(山海関に)「ちょこっと行って見てきた」と書いたけど、つまりは日帰りで行ってきたということ。僕は結構汚いところへも平気で行けるけど、夜寝るところだけはきれいなところにしたい。そこで天津に宿泊して日帰りすることにした。高鉄で天津から山海関へはわずか1時間ちょっとで、かつ頻繁に便があるので楽チンだった。
posted by osono at 23:36 | 著作

2016年03月18日

靖西→南寧(今年開通したばかりの)鉄道車中

1601550_966202140122416_4277028227447137305_n.jpeg

靖西→南寧(今年開通したばかりの)鉄道車中。さっきから何度もモノ売りのおばちゃんがやってきて長々と商品説明をしていく。最初は髭剃り、さっきはオモチャ、今度は電動歯ブラシを売りにきた。制服着てるので鉄道職員のようだ。久々の硬座はなかなかおもろい。
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2016年03月17日

結構すごい景色@広西靖西旧州

帰順.jpeg

結構すごい景色@広西靖西旧州
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2016年03月16日

広西壮族自治区の田陽→靖西→南寧とまわって

12032802_964377920304838_6342308167032552883_o.jpeg

不安。。。
これから香港→広州で用を済ませたあと広西壮族自治区の田陽→靖西→南寧とまわって上海へ。半年前、同様にあちこちまわって疲労のため肺炎になった記憶がよみがえるぅ。ちなみに田陽は旧田州府で瓦氏夫人の嫁ぎ先、靖西は旧帰順州で彼女が生まれ幼少期を過ごした場所。
posted by osono at 00:00 | 著作

2016年03月04日

インバウンド関連で感じたこと

今回(2月28日〜3月2日)の北海道滞在にて、“インバウンド”関連で感じたこと。

◆韓国人がけっこう多い。中国人と同じくらいなんじゃないかな。いや、中国人は見ればだいたいわかるけど、韓国人はわからないことが多い。だとすると、中国人より韓国人のほうが多かったのかもしれない。マスコミによって「中国人客が押し寄せている」というイメージを植えつけられているけれども、オーストラリア人もけっこう多いし、120円台に達した円安によって外国からの旅行客一般が増えた、というのが正しい表現なのかもしれない。ということは、いまの110円台前半やさらなる円高の状況下では、インバウンドは霧散してしまうのかもしれない。

◆中国人のなかでは、広東語を話す人(=おそらくは香港人)の比率がずいぶんと減ったように思う。2年前に北海道にきたとき(3歳4か月の初スキー)は中国人のうちの半分くらいが広東語人だったのに、今回みかけたのは一組だけだった。

◆マナーのいい人が多い。報道では爆買い中国人ツアー客のマナーの悪さが喧伝されているけれども、僕の見かけた中国人たちはみなマナーがよかった。エレベーターを降りるときには先を譲り、日本語で「ありがとう」とか「すみません」とかを連発し、レストランや廊下では音量を抑えて会話をする(日本人の酔っ払いのほうがよっぽどうるさい)。屋内プールと温泉が隣接しており、僕が息子とともに水着のままでプールから温泉に移動しようとしていたら、中国人のおとうさんが彼の息子の肩に手をおきながらホテルスタッフに「水着のままで温泉へ行っていいですか」と訊いていた。なんだか恥ずかしかった。中国国内でも、旅行者の日本でのマナーの悪さが採り上げられているようなので、そのおかげなのかな。
posted by osono at 19:46 | 中国社会・外交など

2016年03月03日

JAL最高!

感謝&慙愧の念。

千歳空港にて、息子と妻と3人でターミナルビル内を歩いていると、「ドラえもん わくわくスカイパーク」という施設の前にでた。JAL羽田便の搭乗時刻35分前だったので、入りたそうにする息子に対して「もう時間がないから」といい諭そうとしたら、妻は「いいじゃない。いってらっしゃいよ」、と。

そのあいだに買い物をするという妻に僕の機内持ち込み用のバッグを託して、息子とふたりで施設に入った。

ゆっくり遊びたがる息子の尻を叩いて10分ほどで施設をでてゲートに向かった。長い距離を歩いて飛行機に乗ったのは出発の13分前。ひとりを除いてすべての乗客が乗ったあとだった。

そのひとりというのが妻。妻は僕らが乗った数分後におみやげを抱えてやってきた。

が、僕のバッグをもっていない。

「バックは?」
と訊くと、
「あ、おみやげやさんに忘れてきた」
だと。

バッグには財布やらクレジットカードやらパソコンやらアイフォンやら、だいじなものが諸々はいっている。そのうえ、明日の朝便で上海にいかなくてはならず、これらのものがないと本当に困るので、あとで送ってもらうというわけにもいかない。

しょうがないのでいったん降りて、次の便に乗る覚悟をしたのだけれども、JALががんばってくれた。JALのスタッフがみやげもの店に走り、バッグをピックアップし、飛行機まで届けてくれた。

ただ、おそらくはそのせいで、飛行機の出発は5分ほど遅れてしまった。

ほかの乗客にめいわくをかけたことはもちろんだけど、JALにめいわくをかけたことがこころぐるしい。ふと手にとった機内誌に「みなさまのおかげで2015年の定時運航率第1位」と書いてあった。JALの2016年の成績に悪い影響をあたえてしまったに違いない。僕のせいで第1位の称号が失われてしまったらどうしよう。2017年のJALの売上を大きく削ってしまったのでは。。。

などと考え、せめてもの償いでこのブログを書くことにした。

JAL最高!
JAL万歳!
みんなでJAlに乗ろう!



posted by osono at 16:11 |

2016年02月19日

朱紈(しゅがん)倭寇の海英傑列伝 出来!

倭寇について書こうと思いたってから2年も経ったのに、書きたいことが多すぎていつまでたっても本にできないので、いくつかの物語に分割しシリーズモノとすることとしました。

その導入作品として、短編小説『朱紈』を本日発行しました。

zhuwans.jpg朱紈(しゅがん) 倭寇の海 英傑列伝
 http://www.amazon.co.jp/dp/B01BXLHW78
 税込250円
 約92ページ(短編というより中編というべきかな?)
 電子版のみ
「16世紀の中国沿海で吹き荒れた倭寇の嵐、いわゆる嘉靖大倭寇に最初に挑んだ英傑、朱紈の物語。義に従い、おのが身に迫る危険を顧みず、東洋一の密貿易基地で海賊の巣窟、双嶼を攻略する」

朱紈はちとマイナーですけれども偉大なひとです。ぜひ読んでみてください。

さらに、海商『王直』、名将『戚継光』、倭寇相手に奮戦したチワン賊女性『瓦氏夫人』、明軍を手玉にとった大友氏の僧侶『善妙』等について書き、『倭寇の海 英傑列伝』という連作にしようと思っています。長編は紙で出版し、今回のような短編はまず電子版で出し、複数の短編をまとめて書籍化する予定です。
posted by osono at 15:54 | 著作

2016年02月17日

16世紀の東洋一の貿易港、双嶼

「双嶼」という地名は今はないけれども、五百年前には東洋一の貿易基地だった。

双嶼というのは特定の都市の名前ではなくエリアの名前であって、寧波に近い、六横島西岸のふたつの港と佛渡島の港、梅山島の港があわせて双嶼と呼ばれていたらしい。



昨今、邦人が中国軍事基地のそばにいったらつかまった、なんてニュースをちらほらみかけるのでちょっと怖かったのだけれども、小説の重要な舞台となるので、六横島にいってみた。

動画は、六横島西岸の港のうちのひとつであったであろう場所の背後の丘の上から撮影したもの。海峡の向こうに佛渡島が見えている。



海賊の巣窟でもあった双嶼は、1548年、浙江巡撫兼福州漳州泉州等海道提督軍務の朱紈の攻撃によりほろびた。

もしも朱紈が双嶼を攻めなかったとしたら。

おそらく双嶼は香港やマカオと同じような歴史をたどり、香港、マカオにまさるとも劣らない貿易都市として現代にいたっていたに違いない。ひょっとすれば上海は存在せず、中国最大の経済都市は双嶼という名だったかもしれない。

しかし実際には、六横島西岸南側の港だっただろう場所については、なんともさびれた寒村になっている(北側は造船場になっている)。そこまでいくのも結構大変だった。ミニバスが走っているけど本数が少なくて使えない。白タクに乗ったらぼったくられた。。。

朱紈の双嶼攻略について、
詳しくは→

posted by osono at 00:07 | 華東(蘇州、南京、杭州等)

2016年02月03日

瓦氏夫人(4)

瓦氏夫人があげまんだったのか、結婚後の岑猛は躍進する。

明代の田汝成による『炎徼紀聞』によれば、
正徳元年(1506年)、岑猛は太監(宦官の長官)の劉瑾に賄賂を贈り、偽造された詔勅を得て田州府同知(府行政のナンバーツー)の地位を得た。岑猛は田州の民を慰撫し、軍備を復興・強化し、周辺所領を徐々に侵食していった。自らの昇進も望み、軍功を重ね、知府(府行政の長官)の座を目指し、総督府に対し賊討伐軍の先鋒を願いでた。総督府や官軍の将校で田州に来る者があれば厚く賄賂を贈ってもてなした。岑猛を良くいう者ははなはだ多かった。江西の華林洞で叛乱があり、都御史の陳金は岑猛に討伐を命じた。岑猛の兵は沿路で劫掠をおこなった。民はみな村をでて避難した。(中略)賊は平定され、陳金は岑猛の功を認め、指揮同知(府軍事のナンバーツー)に昇進させた。


ところが、年号が嘉靖にかわったころから、歯車が逆回転をはじめる。
おなじく『炎徼紀聞』によれば、
希望の官職を得られない岑猛は、それを恨み傲慢になった。総督府や官軍将校は以前のように賄賂を得られなくなり、岑猛を誹謗するようになった。岑猛は軍備を拡張し周辺土官をしのぐようになり、常に周囲を憎しみの目で見て、恨みは報復しなければやむことはなかった。岑猛は莫大な蓄財をおこなっているといわれた。都御史の盛応期はその財の一部を欲した。岑猛が不遜な言葉を発したため盛応期は大いに怒り、岑猛は早晩必ず叛乱を起こすと上疏し討伐を請うたが朝廷からの回答はなかった。盛応期は転任し、都御史の姚鏌がこれにかわった。姚鏌は岑猛に反心がないことを知っており、挙兵を望まず、子の姚淶が書で討伐をしないよう請願した。そのころ巡按御史の謝汝儀と姚鏌は不仲であった。巡按御史は総督に謁見するとき掖門からはいらなければならないのに、謝汝儀は直接儀門からはいったことから姚鏌は謝汝儀に会わなかった。謝汝儀は大いに怒り、姚淶は書を岑猛から万金を得て書を書いたと虚偽の申し立てを行った。姚鏌は恐れ、岑猛討伐の上疏を行い、認められた。


姚鏌は八万の大討伐軍を田州に送った。

同時に、岑猛の妻、すなわち瓦氏夫人が岑猛に愛されておらず、瓦氏夫人の父岑璋が怒っているという噂を聞きつけ、謀略を企てる。

その謀略の内容は『明史紀事本末』に結構記されているのだけど、小説で詳しく書くつもりなので、ここでは省いておく。概略だけ記せば、岑璋が暗躍して、岑猛の次男邦彦が戦死し、また、八万の大軍を前にして田州府城を脱し帰順に逃げ込んだ岑猛も、岑璋によって毒殺される。

1526年の事件である。瓦氏夫人は20代なかばを過ぎたばかりで未亡人となってしまったのだった。

瓦氏夫人 (5)へ

詳しくは
瓦氏夫人〜倭寇に勝ったスーパーヒロイン
posted by osono at 00:54 | 著作

2015年12月04日

瓦氏夫人 (3)

瓦氏夫人と岑猛との結婚がいつか、各種資料を読んでも確定することはできない。

ただ、おそらく我々の感覚からいえばかなり早く、十二歳頃だったのではないか。

チワン族の結婚習俗は、正月など年中行事の際に冠笄(男二十歳、女十五歳)に達した男女が山野などで対歌(恋歌のかけあい)をおこない意にかなう相手をさだめ、相思相愛となれば贈りものを交換して夫婦となることを本人同士で約束をする。つまり明代のチワン族は若い男女がみずから相手を選ぶ自由恋愛によって、女性の場合十五、十六歳頃に結婚したのだ。ただ、時代がくだり清末中期ころからは、漢族の影響をうけて、当事者ではなく親や親戚同士で結婚を決め、かつ婚期が早まり、七、八歳で婚約し十一、十二歳で結婚するようになっていった。

これらはチワン族の庶民の場合である。土官については、漢人やその文化に触れる機会が多く、また、領民に対して文明の明るさを誇示するためもあってか漢化が早くから進んだ。瓦氏夫人も三尺の童子のうちに婚約し、笄に達する前に結婚した可能性が高い。

『明史』には、岑猛の死後に起こった乱平定のために広西に赴任した王陽明の言として、「岑猛には四子があった。長男邦佐は妻の張氏の子、次男邦彦は妾の林氏の子、三男邦輔は外婢の子、四男邦相は妾の韋氏の子である」と記されている。

 この一文から花蓮には子がなかったことがわかる。

 王陽明は、正妻は張氏だったといっているのだが、漢族の婚姻習俗に則ればただひとつのはずの妻の座を張氏が占めていたのならば、他は妾か外婢≠セったということになる。しかし、花蓮の生家が土官であったことを考えると妻に劣る立場にあったとは考えにくく、ゆえに彼女は、子がなかったことから王陽明の言に現れなかったものの、張氏と同格だったのではないだろうか。

 四人の子の生年については記録が残っていない。ただ、次男岑(しん)邦彦(ほうげん)の子の岑芝(しんし)の生年は邦彦の没年である嘉靖五年(一五二六年)より前であることは確かなので、邦彦は正徳年間の初期(正徳元年は一五〇六年)に生まれたと思われる。

 花蓮の輿入れは正徳六年ころなので、次男邦彦は四、五歳の幼児で、長男の邦佐(ほうさ)は既に少年期にあったはずである。次男の年齢から考え三男も既に生まれており、四男邦相(ほうそう)も生まれていたか母韋氏の腹のなかにいたのではないか。

 だとすれば、花蓮は岑猛の妻妾のなかで最も遅く輿入れしてきたのではないかと想像できる。

 王陽明は「猛は林氏を嬖愛(へいあい)し張氏は愛を失った」とも述べている。多くの封建領主がそうであるように、岑猛の場合も最初の妻である張氏は政治的な理由で娶り、他方で林氏については好いて妾としたのではないだろうか。


瓦氏夫人 (4)へ

詳しくは
瓦氏夫人〜倭寇に勝ったスーパーヒロイン
posted by osono at 17:35 | 著作