2019年04月15日

長奶夫人??

hoshi-alfa.jpg
主人公花蓮のモデルである瓦氏夫人について、なにしろ500年前を生きた人なので、伝承や史料のなかには「ほんとかなぁ」と思ったり、「いやいやいや、そんなわけないでしょ」とツッコミたくなるものが結構ある。その一部は小説中になんとかリアリティが出るよう工夫して採用したけれども、バッサリと落としてしまったものも少なくない。

例えば「長奶夫人」、すなわち、瓦氏夫人は乳房が極端に長かったという伝承。騎馬で出撃するときに乳飲み子を背負い、背中の子が泣くと馬を駆ったままで乳房を出して乳をやったという話。これは伝承というより伝説もしくは神話といったほうがいいかな。瓦氏夫人には実子はなかったと思われ、あったとしても領主夫人なのだから乳母がいただろうし、そもそもゴムゴムの実でも飲まずに乳房がそんなに長くなるとは思えないし。中国の他の地域でもこの手の話が語り継がれているようだから、これは女性の武勇を表現するための形容詞のようなもので、500年の年月が流れるうちにいつのまにかに稀代の英雄瓦氏夫人にもあてはめられてしまったのだろう。

でも、非現実的というだけでなく、なんか美しくないので物語中には採用しなかった。

(つづく)

花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語
(5月末にかけて連載中。7月頃まで無料公開予定)




posted by osono at 15:13 | 著作

2019年03月07日

花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語

hoshi-alfa.jpg

本日よりアルファポリスにてペンネームで『花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語』の連載を開始しました(5月末日まで毎日連載)。

16世紀の広西壮族のスーパーヒロイン瓦氏夫人をモデルとして描く大河小説、リアル『ムーラン』です。

ここ3年書き続けていたもので、大変苦労して書いたものなので果たしてこういう形で世に出すべきなのかどうか結構悩んだのですが、なにはともあれ読んでもらわなくてはしょうがないので、ウェブに載せてみることにしました。

ぜひみなさん、読んでみてください。

ウェブ掲載でありいくらでも修正できますので、誤字脱字はもちろん、「内容、こうしたほうがおもしろいんじゃない」といったご意見も大歓迎です。

5月にアルファポリスが主催する『第5回歴史・時代小説大賞』にこの作品でエントリーする予定です。みなさんの票が必要なようなので、5月になったらぜひお願いいたします!
posted by osono at 00:13 | 著作

2018年12月17日

ショートショート(2)

引き続きペンネームでWeb小説サイトにショートショートを書いています。
脳のコピー&ペースト』 
KADOKAWA主催「カクヨムWeb小説短編賞」に本作品をエントリーしています。(ログインが必要となりうっとうしいかもしれませんが)リンク先で星を付けていただけると嬉しいです。
posted by osono at 23:08 | 著作

2018年11月08日

ショートショート

最近ペンネームでweb小説サイトにショートショートを掲載しています。

父から息子へ 時空を超えてつなぐ
(あらすじ)15年間会っていなかった親父が2ヶ月前に死んだことを知った。親父のPCを立ち上げると、そこにはぼくが生まれる一週間前から今に至るまでの家のなかの様子が映し出されていた。それらは録画ではなく、宇宙を旅してくる光が昔の姿をそのまま映し出す、いわば生放送だった。ぼくは時間旅行の旅に出て、親父のぼくに向けた想いを知る。そして親父の最後の日、親父がメッセージを伝えた……

究極の税制
(あらすじ)財政省の地下2階で密かに導入準備が進められている「包括税」。国民の銀行口座残高、病歴、勤務評定、電話やメールなどの全通信内容等を収集し、それらから算出される個々人の幸せの度合い=H指数をもとにして課税をおこなう新税だ。入省8年目の幸太郎は包括税部第一課で不幸な個々人にささやかな幸せを与える仕事を担った。続く第二課では、逆に個々人の幸せを削ぐ仕事を担当し、第三課では国民全体を幸せにする仕事を担う。次に配属されるであろう第四課では国民全体を不幸にする仕事を担わなくてはならないと気づき……

素顔のままで
(あらすじ)自分の顔が自動的に補正されて美しく写るプリクラが登場したのはずいぶんと昔のこと。その機能はあらゆるカメラに搭載され、ビデオカメラでも可能となり、鏡に映った姿までもが自動的に補正されるようになった。最近では窓ガラスにまで美しく映る機能が装備されるようになっている。このところ若い女性は、ディスプレイ越しならば理想の容姿となれるので、家族以外に素顔を晒すことを避けるようになった。街から女性がいなくなり、出会いがなくてうんざりしている僕は、ある日バーチャルな婚活パーティーに参加した……

posted by osono at 22:34 | 著作

2018年03月14日

傾国の美女とは〜宋慶齢記念館で見つけた一瞬の笑顔

『小説集カレンシー・レボリューション』収録の中編小説『ステーツマン』を電子書籍化するにあたり原稿を見直していて、

(宋慶齢の描き方、直そうかなぁ)

とふと思った。

abcde.jpg一昨年『ステーツマン』を書いていたとき、宋慶齢が(おそらく)十代前半の頃に家族と一緒に写っている写真(右の写真)を見て、慶齢(前列右)が姉の靄齢(前列左)や妹の美齢(後列右)に比べて圧倒的に可愛い、と思って、慶齢を傾国の美女に、姉靄齢はその美を羨んでいる、と物語中で設定した。で、いま読み返してみると、慶齢が登場するたびになんだか翳がある。慶齢の美しさを表すためには笑顔のシーンがあったほうがいいかも、と思ったのだけど、そういえば慶齢が笑っている写真って見たことがない。そこで、宋慶齢記念館に行って笑っている顔を確認してみることにした。

ところが、ない。一枚も、ない。少女の頃も晩年も笑っている顔が全然ない。特に孫文が死んでから数年の期間(≒ 年齢的にもっとも美しかった頃)はしかめっ面ばかり。笑って写真に写ってはいけないと思っていたのか。常にとても笑えないような気分だったのか。もともとほとんど笑わないひとだったのか。

なかば諦めつつ、1927年に武漢の左派国民党が蒋介石に破れて崩壊したあと、武漢を離れて上海を経由しモスクワにはいった慶齢の短いビデオが上映されていたのでそれを眺めていたら、

あっ、笑った!

一瞬だが笑っている顔が映っている。

それがこちら。

か、かわいい!

aa.jpg河北麻友子に似てる?

笑ったというより、はにかんでいるって感じかな。頬が痩けて見えるのは極度の心労と、長く経済封鎖されていた武漢は食料が不足していたためなのだろう。なんだか痛々しい。

ところで、笑わない美女といえば褒姒。周王朝をぶっ壊したひと。ぶっ壊したといっても、むろんそれを主導したわけではなく、彼女を好き過ぎた幽王が勝手に国を壊してしまったわけで、悪者に仕立てられた彼女は実はかわいそうなひと。

しかめっ面の美女といえば西施。彼女の顰に寄せた皺に呉王夫差は狂い、国を潰してしまった。

ほんとうに美しいひとは笑わなくたって美しい。そして、稀に見せる笑顔で悩殺し、男は悶死する。

慶齢についての模写を修文するのはやめた。


宋慶齢の美しさと悩みの深さを覗きみたいひとは、ぜひ『ステーツマン』を読んでみて。



82BF9B67-AE97-43BF-A775-283C937FB678.jpeg宋慶齢陵園内の宋慶齢記念館。虹橋からすぐなのに静かでかなりオススメ。内山完造の墓とかもある。






posted by osono at 00:20 | 著作

2018年02月15日

カレンシー・レボリューション〜エコノミストたちの挑戦

cres.jpg昨年刊行した『小説集カレンシー・レボリューション』の表題作に『エコノミストたちの挑戦』というサブタイトルを付けて電子書籍化しました。

単行本未読のかた、ぜひダウンロードしてみてください(Kindle Unlimitedでなら無料です)。

詳細はこちら↓
カレンシー・レボリューション〜エコノミストたちの挑戦
(立ち読みもできます)


posted by osono at 18:47 | 著作

2018年02月01日

ステーツマン〜宋子文1927刊行

sms.jpg昨年刊行した『小説集カレンシー・レボリューション』収録作品について、そのうち『上海ノース・ステーション』については以前から電子版があったのですが、他の2作品についても電子書籍化することとしました。

まず、『ステーツマン』電子版を刊行しました。

ステーツマン〜宋子文19271


Kindle版250円ですが、Kindle Unlimitedで無料で読むこともできます。

なお、本作品は以下のページで立ち読みできます。
  • 1段落目〜

  • 61段落目〜

  • 121段落目〜

  • 181段落目〜

  • 241段落目〜

  • 301段落目〜

  • 361段落目〜

  • 421段落目〜

  • 481段落目〜

  • 541段落目〜

  • 601段落目〜

  • 661段落目〜

  • 721段落目〜

  • 781段落目〜

  • 841段落目〜

  • 901段落目〜

  • posted by osono at 17:34 | 著作

    2017年12月31日

    SSF(ソーシャル・サイエンス・フィクション)ショートショート連載

    東洋経済オンラインにて、ホリディ企画ということで、大晦日まで毎日一本ずつショートショートを連載させてもらえることとなりました。

    第1回目は2017年12月28日掲載。シェアリング・エコノミーを題材にした男女の恋の?物語
    【あらすじ】各種シェアリング・サービスを利用する百貨店店員のメイ。望みは一刻も早く金持ちの男をつかまえ生活の苦境を脱すること。カツタは悠々自適の資産家で、とあることからカープールを利用し、メイと出会った。カツタは一目でメイに引かれ、なんとしてでも彼女の心をつかもうとする。カツタはメイに結婚を申し込み、メイは承諾しかけたのだが……。

    第2回目は2017年12月29日掲載。法定デジタル通貨について
    【あらすじ】政府・日銀は法定デジタル通貨eエンを導入し、日銀券は強制通用力を失った。1年間のeエンと円との等価交換期間が終了した。eエン導入により損を被った元相場師と元銀行員、振り込め詐欺師の3人は、日銀券は今後も使われ続け、その価値が上がっていくと予想し、日銀券の買い仕掛けを開始する。思惑どおり円の対eエン価格は上昇するのだが・・・。

    第3回目は2017年12月30日掲載。ベーシック・インカムについて
    【あらすじ】ベーシック・インカムが導入され、国民であれば誰でも1人10万エンが支給されることになった。懸念された財源問題は税制の調整とヘリコプター・マネーにより解決された。小説家を目指す僕は、もうカネのために働く必要はないと喜び会社を辞めて作家業に専念したが、思うように筆が進まない。一方で妻は次から次へと習い事を始め、家計は危機に……。

    第4回目は2017年12月31日掲載。テーマは理想の税制
    【あらすじ】理想の税制を導入するという夢を果たせず世を去った父は、その想いを手紙にしたため4人の子どもたちに託した。子どもたちはそれぞれ父から与えられた大掛かりな計画を実行してゆく……理想の税制への思いは時空を超えて……

    posted by osono at 17:47 | 著作

    2017年05月09日

    「小説集 カレンシー・レボリューション」上梓!

    しばらくぶりの新作「小説集 カレンシー・レボリューション」刊行です。

    詳細はこちらへどうぞ↓
    http://www.ozcapital.jp/pub/cr/

    (アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/4434232630/ では明日5月10日から先行販売されます)

    posted by osono at 22:07 | 著作

    2016年07月25日

    小野寺信・百合子夫妻と鄭蘋茹

    NHKで7月30日に小野寺信・百合子夫妻のドラマが放映されるそうで(終戦スペシャルドラマ 百合子さんの絵本〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜

    ドラマでは夫妻の終戦間際のスウェーデンでの諜報活動が中心に扱われるようだけど、太平洋戦争開戦直前には小野寺信は単身赴任で上海にいて、日中間の和平工作に従事していた。小野寺はこの上海駐在中も十分にドラマになり得るような活動をするのだけど、そのあたりのことを拙著「上海エイレーネー」のなかで結構詳しく書いた。

    小野寺が上海に赴任した経緯について、「上海エイレーネー」P198から引用してみると。。。
     一九三八年十月には、陸軍の小野寺信中佐が上海に着任し、いわゆる小野寺機関を立ち上げた。
     小野寺はロシア畑の人間で、バルト三国の公使館付武官を勤めたのち、六月より参謀本部ロシア課に勤務していた。
     ソ連および共産主義の南下に対する防衛は日本にとって極めて重要な課題で、中でもロシア課では危機意識が強く、ロシア課は、中国との戦いは本来対ソ連・対共産主義のために温存すべき国力の浪費以外のなにものでもないと考えていた。しかし参謀本部の支那課中心で進められてきた和平工作は遅々として進まない。未だなんら成果を得られないうちに開戦より一年以上が経ってしまっており、ロシア課の危機意識は大きくなる一方であった。
     ロシア課は、一刻も早い中国との戦争終結を目指し、自らも中国関連情報を収集・分析する機関を持つことが必要と考えた。そこで、欧州駐在により国際情勢に対する感覚も磨いていた小野寺を上海に送り込んだのである。


    小野寺の容姿について、「上海エイレーネー」の主人公趙靄如は
     小野寺の丸い顔は、四十を過ぎた年齢には全く似つかわしくないくらいに幼く見えた。丸い眼鏡と丸い体型も相まって、なんだか愛嬌のある人だ、と靄若は思った。
    と言っている。

    小野寺は上海着任時、「日中和平実現を目指せ」との命を受けてはいなかったが、上海赴任直後から約9か月にわたって積極的な和平工作を行った。小野寺は約50年ののちに自分の一生を振り返って妻百合子に向かって「あれほど心血を注いで張り切って働いたことはなかった」と語っており、すなわち彼にとってこの時期はNHKがドラマにするスウェーデン時代以上に熱い日々だったようだ。

    その小野寺がなぜ「上海エイレーネー」にでてくるかというと、この小説の主人公のモデル、鄭蘋茹(ZhenPingru・テンピンルー)が小野寺が上海で立ちあげた小野寺機関で一時期通訳や翻訳のバイトをしていたから。鄭蘋茹は日本軍の情報が欲しくて小野寺に接近し、小野寺も鄭蘋茹がスパイであると知りつつも、中国国民政府への橋渡しをしてくれれば、と期待して彼女を雇用した。鄭蘋茹はバイトでありながらも結構大事な仕事もしたようで、軍事委員会調査統計局(国民政府の特務機関)の実質的なトップである戴笠(ダイリー)を小野寺に紹介したりもしている。小野寺は蒋介石の側近である戴笠に会えば蒋介石への直接交渉の道が開けると考え喜んで会ったが、実際にはその男はニセモノだったようだ(鄭蘋茹は事前にニセモノであることを知らなかったようで、つまり彼女も騙されていた)。

    小野寺は蒋介石との直接交渉によらねば戦争の回避はできないと考えたが、汪兆銘を中心とする傀儡政権立ち上げによる和平をめざす同じ陸軍内の支那課と対立する。支那課の中心人物が謀略の天才、影佐貞昭(自民党の谷垣禎一さんの母方祖父)で、小野寺と影佐の間で熾烈な戦いがあって、鄭蘋茹もそれに巻き込まれる。結局小野寺が影佐に負けるのだが、このときもし小野寺が勝っていれば、その後に破滅に向かった日本の歴史は大きく異なるものとなっていたに違いない(ちなみに「上海エイレーネー」のなかでは、この二人の争いのとばっちりで主人公は恋人と別れることになる)。

    aaaa.jpg小野寺と影佐の活動以外にも複数の和平工作が上海を舞台に行われ、それは壮大なドラマなのだけど、そのあたりは拙著「上海エイレーネー」に結構詳しく書かれているので、ぜひご一読を。

    あ、そうそう。NHKドラマの主人公、小野寺信夫人の百合子も「上海エイレーネー」のなかにでてくる(P298〜P299)。夜中にこっそり家を抜け出したことが夫にばれるのだが、実はその時百合子は夫の和平工作成功を祈って目黒区八雲の氷川神社にお百度参りに行っていた(この挿話は百合子手記に基づく史実)。

    posted by osono at 10:48 | 著作