2005年12月23日

アメリカ

僕はアメリカが大好きだ。

中でももっとも好きなのが空港のセキュリティ・チェック。長蛇の列ができても、靴を脱がせ、パソコンをカバンから取り出させ、ジャケットを脱がせ、と厳密なチェックに何とも安心感を感じることができるんだ。

その上僕は、なぜだか頻繁に特別待遇をしてもらえる。今回の休み中も、2回乗ったアメリカ国内線で、2回ともVIPの扱いをしてもらった。セキュリティ・チェックのゲートのすぐ前に身分証明書を確認するおばちゃんがいて、そのおばちゃんが「おまえはあっち」「あんたはこっち」と2列に割り振る。僕は中東系の顔ではないけれど(それどころか、香港チムシャツイでは必ず日本語でニセモノ時計の購入を勧められる、どっからみても日本人というタイプだ)、VIPの列に並ばさせてもらった。この列は、もう一方の列の人が10人ゲートを通る時間でたっぷり1人のチェックをしてくれる。わざわざ荷物を開けてくれ丹念にチェックしてくれ、さらに片足ずつ上げさせられたり、両手を横に伸ばしかかし状態にされたり等々、運動不足気味の身体を気遣ってか体操までさせてくれるんだ。

アメリカの同盟国で、総理がアメリカ一辺倒の日本の国民に対してもセキュリティ・チェックをおろそかにしたりはしないアメリカが僕は大好きだ。

posted by osono at 00:00 |

2005年12月20日

海か山か

102.jpg

不惑を過ぎ、後厄ももう終わろうとしている昨今、自分が年をとったことをよく思う。

リゾートについての考え方もそう。この人口3000人の小さな島にはフォーシーズンズが経営する二つのホテルがある。一つはビーチ、一つは山の上で、宿泊者はどちらの施設も使うことができる(両者の間をシャトルバスが30分間隔で走っている)。標高差が結構あるのでずいぶんと気温差がある。僕は山の上のロッジの方に泊まっているのだけど、ビーチの方へ降りてもすぐに山の上に戻りたくなる。山の上に戻るとほっとする。昔はよく海によくいったのだけれども、今は強い日差しにうんざりしてしまう。山の上では緑のにおいにも、遠く近くで立体的に聞こえてくる鳥の声にも、夜明けからしばらくたってからやっと谷間に差し込んでくる日差しにも癒される。

ひょっとしたらビーチでは、なんだか何か活動をしなくてはならないような気持ち、ちょっと切迫した気分になるということもあるのかもしれない。山の上では、一日ボーとしていてもへっちゃらだ。

posted by osono at 00:00 |

2005年12月19日

休暇?

トラブルが発生したりして、メールがガンガン送られてくる。誰も僕の休暇なんて気づかってくれやしないんだぁ……



毎年思うけど、この時期に休暇をとっても、心から休むことはできない。なんだか、単に環境のいいところにきて仕事をしているような気が



(この文章により僕へのメールが減ることを少し願っている)

101.jpg
リゾートでジャケット着用義務の店にはやはり人は入らない。ちょっと寂しい
posted by osono at 00:00 |