2007年07月02日

なかなかのシャングリラ

深センのシェラトンに続いて、またホテルのサービスに感動したお話し。

今年2月にシャングリラ系列の常州トレーダーズホテルに行った時、「マッサージ・トリートメント込み」の部屋を予約したのに、ホテルの手違いで利用できなかった、ということをこちらに書いた

そして4か月ぶりに同ホテルに泊まったところ、部屋に電話がかかってきて「前回できなかったマッサージ・トリートメントを今回利用しませんか」といわれた。こちらからは何も言わなかったのに、である。

どうやって管理しているのだろう。なかなかやるな、シャングリラ。
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年06月28日

シェラトン・バイ・フォーポイント深圳

5641.jpg先日、深圳のフォーポイントシェラトンに泊まったのだけど、チェックインを済ませ部屋に入るとデスクの上に僕の名前が書かれた封筒があり、中には「シェラトン・バイ・フォーポイント深圳へお帰りなさい」というメッセージが入っていた。


確かに以前ここに泊まった覚えがある。


ちょっとしたサービスだけど、とってもうれしいねぇ。


数日後、同ホテルからメールが入った。「○月○日、部屋にベストを忘れませんでしたか」。ベストなんて着ないので僕のではないけれども、この親切さにまたうれしくなった。


先日アンサナリゾートに泊まった時、忘れ物をしたので問い合わせのメールを送った。でも何の返事もなかった。


コラ!少しは見習え。
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年06月18日

レンタカー@マカオ

またもやマカオへ。2ヶ月で3回目。といっても賭博中毒では決してありませんよ。華南便利帳のマカオ担当となったからなんですから(まあ、そんなに念押しをすることもないんだけど、というかシツコクいうとむしろアヤシイカ?)

今回はマカオの観光地を効率的にまわってしまおうと思いレンタカーを借りた。

フェリーターミナルにAVISのカウンターがあり、そこで翌日利用の予約をし、ピックアップはマンダリン・オリエンタルホテルの駐車場にて。簡単、簡単。

大陸とはぜんぜん違って、ドライバーたちは無茶な運転をしないから、安心、安心。

渋滞もない。パーキングメーターも結構完備しており駐車も楽。快適、快適。

ただマカオ島については一方通行が多くて目的地にたどり着くのにぐるぐるまわったりしたけれども。

スマートを借りて24時間MOP599+保険MOP100。
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年06月15日

暑い@広州

暑いぞ!広州



でも、広州事務所の僕のデスクの左側にはプール。



気持ちがいい。

5449.jpg
このアングルだけならリゾートにオフィスがあるよう。だけど死角になっている右手には渋滞が


posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年05月20日

三田戦&ウェスティン in 広州

ついていない。。。

広州で一橋大学OB会「如水会」と慶応大学OB会「三田会」のゴルフ対抗戦があるので、上海からわざわざゴルフクラブをかついできた。

スタートは朝7時30分。5時に起きる。しかし窓の外は土砂降りだ。これは中止だろうなぁ、と思いつつもゴルフ場へ。

ゴルフ場についても大雨。フェアウェイには、クラブハウスから窓越しに見ても水がたまっているのがわかる。予定スタート時間の7時30分に中止が決まって、市内に戻る。そしてその帰路。広州市内に入ったころに小降りになってきた。中止決定からわずか30分だ。その後1時間くらいで雨は完全に上がった。

なんともついてない。。。



今回は18日にオープンしたばかりのウェスティンホテルに泊まってみた。広州では今年、欧米系高級ホテルチェーンのオープンが相次ぐ予定だが、ウェスティンはシャングリラに続く2軒目。

場所は天河地区の中信広場から歩いてすぐと、シャングリラに比べれば圧倒的に便利。部屋は広くて家具もいい。

ただ、ジムやプール、スパといった施設はオープンしておらず、レストランも最上階のイタリアンレストランがまだ営業していなかった(知らずにエレベーターで最上階の40階まで行ったのだけど、エレベーターの扉が開いた向こうは板で塞がれていてびっくりした)。

せめてジムやプールが開いていれば、ゴルフ中止で空いた日曜日の午後を健康的に過ごすこともできたものを。結局部屋でブログを書くという結果になってしまった。



サービスは、頑張っているようだけれどもなんとも不慣れな感じで、例えば「チェックイン時にデポジットをとられなかったなぁ」と思っていたら、夜10時頃に外から戻りフロント前を歩いていた時に「すいませんがデポジットをお願いします」と呼び止められた。チェックアウト時にもちょっとトラブルがあり、チェックアウトに15分くらいを要した。

2階レストランのビュッフェもいまいちだったし、要は準備が不十分でオープンしてしまったということ。広州一のホテルが登場するものと思っていたのに、すくなくとも今は、そうだねぇ、シャングリラ、ホワイトスワン、ガーデン、チャイナに次ぐ5位というところかな。

(ウェスティン広州についての詳細は「編酋長・・・」の企画に書きましたのでご覧ください)
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年05月06日

マカオでロック座のショー鑑賞

根がケチなので賭け事はきらいなのだけれども、またもやマカオへ。夏にはオープンしたい「エクスプロア香港」にマカオ情報も充実させたく、暇があったらマカオへ行こうと思っている。

ラスベガスからやってきたカジノのうち、前回滞在ではWynnに行ったので、今回はSandsに行ってみた。

デカイ!ものすごくデカイ!

そして人がイッパイ!ものすごくものすごく人がイッパイ!一体何人入っているのだろう。東京ドーム一杯分くらいは人がいる感じ。

Sandsには一般向けホテルがないので(VIP用宿泊施設があるのだとか)、隣のマンダリン・オリエンタルに泊まった。巨大カジノに無茶苦茶近いのはいいけれども、ちょっと高すぎないか?普通の部屋なのにMOP2760=約4万円!ラスベガスのホテルは一流ホテルでも安い(もう10年以上も行っていないので今ではひょっとしたらそうではないのかもしれないけど)。さらに、ウェブでHKD2400と確認して予約したのに、チェックアウト時にサービス・税が別だと知りショックを受けた。いまどき良心的ではなさ過ぎる(と思う)。



ついでにマカオの老舗カジノ、リスボアが新しいカジノをオープンしたようなので見に行ってきた。

こちらもかなり大きくかつ人が多い。

「ROCKZA」というショーをやっていた。そう、「ロック座」である。日本人によるストリップショー。ダンサーは日本では有名どころの人たちなのだそうだ。

結構きれいなショーで満足できた。客の役半分は女性。

その帰りのタクシーの中でストリップショーの広告があり、運転手にマカオではストリップショーが多いのか、とたずねたところ、「たくさんある。男優とのからみとか、犬と交わるのとか」だって。

それは見たくない・・・
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年05月02日

アンサナリゾート&スパ

シンガポールでちょっと時間が空いたので、フェリーで50分ほどのビンタン島へ行ってみることにした。

ビンタン島にはバンヤンツリー/Banyan Treeがあり、上海のスパの会員になった時にもらったクーポン券を使おうと思い予約をいれようとしたのだけれども、高い部屋しか空きがない(USD750/泊・寝室が複数あるので数人で泊まるなら話は別だけど。。。)。で、バンヤンツリーに隣接して建っているアンサナスパ/Angsana Resort & Spaに泊まり、バンヤンツリーの各種施設を使うというプランをたてた。

うちの広州事務所が入居している花園酒店に先ごろオープンしたのもアンサナスパだ。そしてさらに、行きがけのフェリーで思い出した。僕はアンサナスパに2005年の春にオーストラリアに行った時に泊まり、えらく不快な思いをした。チェックアウト時にマネージャーを呼んで抗議をするほどに。

いやな記憶というのは楽しい思い出に対して忘れやすいようで、当時僕が何をそんなに怒っていたのかよく思い出せないのだけれども、そのうちの一つはミニバーに腐ったミルクが入っていたことだ。そしてその交換を要求したのに誰も取替えにこなかった。スパはよかったけれども、建物はなんだかモーテルみたいで、宿泊価格に値しない、と思った記憶がある。


そして今回。やっぱり不満がいっぱいだ。列挙すると、

○ミニバーが補充されない。1泊目にビンタン・ビールを2缶飲んだのだけど、2泊目に冷蔵庫の中を見たところ、ビンタン・ビールのあった場所はむなしく空いたままで、やむなくタイガー・ビールを飲んだ。

○2日目の午後、外出から部屋に戻ると、タオルがバスタオル一つだけになっていた。その唯一のバスタオルは新しいものなのでタオルを交換したのは間違いないのに、その他のタオルを部屋に置くのを忘れている。

○バンヤンツリーの宿泊施設と同様、部屋に線香が置かれているが、マッチが湿気ていてなかなかつかない。

○前のゲストへのグリーティングメッセージの書いた紙がそのまま残されていた。


ちなみに宿泊料金は約USD200/泊。でも部屋は狭いしオーシャンビューとは言っても隣の部屋が5メートルほど突き出していて、さえぎられて海がよく見えない。レストランの数も少ないし(常設のものは1つだけ)、そして上記のとおりのずさんなサービス。バンヤンツリーはあんなにすばらしいのに、姉妹チェーンなのにこうも違うものかなぁ。

2件のサンプルで決め付けてはいけないかもしれないけど、同じ料金なら欧米系チェーンホテルに泊まったほうがいいように思う。
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年04月01日

広州ホテルランキング

今回の華南滞在、8泊で7つのホテルに泊まりました。

そういえば僕、2ヶ月に一度程訪れる広州で、ほぼ毎日ホテルを変えるので、過去に数十のホテルに泊まってます。これほど多くの広州のホテルに泊まった経験のある人はいないに違いない。

で、思い立ったのですが、広州ホテルランキングを作ってみたくなりました。

コメント付きのランキングはきっと将来「編酋長’s eye」のコーナーに書くと思うけれども、とりあえず(僕の勝手な)ランキングを以下に書きます。

WINNER! 広州シャングリラホテル

RUUNER UP 南沙大酒店

3位  ホワイトスワン

4位 中国大酒店
5位 花園酒店
6位 広州十甫假日酒店
7位 東方賓館
8位 鼎龍国際大酒店
9位 ハワナ・ハワード・ジョンソン
10位 嘉逸国际酒店

11位 ラマダパールホテル
12位 ロイヤルホテル
13位 碧水湾温泉度假村
14位 天倫万怡大酒店
15位 亜洲国際大酒店
16位 ホリディイン広州
17位 ランドマークホテル
18位 遠洋賓館
19位 広東国際大酒店
20位 マンダリンホテル
21位 白雲賓館
22位 スターホテル
  ・
  ・
  ・
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年03月31日

健康ランド<達生堂<スパ

4491_2.jpg
広州花園酒店のアンサナ・スパを予約しようとしたら22時30分まで空いていないという。

「ふーん、結構混んでいるんだ」

22時30分では遅すぎるのでどうしようか、と思っていたらU女史より「スパなら達生堂がいいらしい」と勧められた。

「資生堂のぱくりか??」と、アヤシげだけれども、ウェブにのっている写真はなかなかきれいそうではある。他に特段行く場所があるわけでもなく、試しに行ってみることにした。

U女史が書いてくれた紙には「晴波路43号陶苑5・6階」と書いている。しかしその晴波路43号に行っても看板一つない。陶苑というビルの中に入ってもやっぱり何も書いてない。結構ドキドキしながら5階へ上がった。

エレベータの扉が開くと、ウェブで見たきれいなフロントがあった。

「項目」の説明を受ける。普通のマッサージ「推拿」の他、「経絡」というのや中医マッサージとか、針・灸などのパッケージとかもあるらしい。うち、何をされるのか想像ができない「経路」というのを選んだ。

よくある健康ランドと同様、まずはロッカールームで服を脱ぎ、サウナのある場所へ進むのだが、ここには風呂はない。ちなみに各個室にも風呂はないので、ここは「スパ」という呼称はふさわしくなさそうだ。

シャワーを浴びてからバスローブを着る。ビュッフェで食事ができるというのでちょっと腹ごしらえをしてから(麺類はなかなかうまかった…それ以外は全くいただけなかった)個室に案内される。

サウナスペースにしても食事スペースもそうだったが、抑えた照明とちょっと南国風の内装の
部屋である。ここでしばらく待つ。ベランダがあり、珠江からの夜風が気持ちがいい。

「経絡」はツボの並ぶ筋を中心にマッサージをするもののようだ。気持ちがよくていつのまにかに眠ってしまい、目覚めたときは部屋に誰もいなかった。

料金は400元程。

結局のところ、いいのか悪いのかよく分からない文章になってしまったけれども、総括すれば、「高級健康ランド」&「高級スパの成りそこね」というところかな。マッサージが上手なこと、サービスが親切なこと、広い個室を占有できること等から結構オススメです。

■達生堂
住所:広州市二沙島晴波路43号陶苑5・6階
電話:020-3759-5999
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年03月29日

広州やら香港やらにいます

今週はずっと華南にいる。

ちょっと気が付いたこと。

○広州のホテルが高くなった。3年ほど前は5つ星ホテルでも500元くらいで泊まれたのに、今は800元くらい。物価上昇率は年率17%??

○香港で人民元が使える場所が増えた。街を歩いているとそこらじゅうで「人民元使えます」という看板を見かける。

○上海の街から、ミスコンテストみたいに、たすきを掛けた女性が見られなくなった。以前はレストランの呼び込みの女性とかがたすきを掛けていた。でも広州ではまだまだ生息している。
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)