2014年01月15日

成人の日、元宵節、藪入り

一昨日のこと。

「あ、あ、あんぱんまぁん、やさしいみきさ、いっけ、みんなう〜め、あ〜もるた〜め〜」
と、奔放な歌詞と音程の歌声で目が覚めた。ベッドサイドの時計に目をやると「8:10」と表示されている。

(あれ?なんでまだいるんだ?)

普段なら息子は既に保育園に行っていて、僕は一人、コーヒーを飲みながら朝の連ドラを見ているはずの時間だ。

視線を天井に戻し脳の覚醒を待って、しばらくして今日が祭日であることに気が付いた。

再び時計のほうへ首をひねり時間のとなりに小さく表示されている日付を見ると「1月13日」とある。ピンとこない日付だけれども、成人の日か。

aaa.jpg
中国では元旦まであと16日。街には既に正月の化粧が施されている
それにしてもなんでこんなときに祭日があるのだろう、と僕は思った。つい先日まで長い休みがあり、ようやく正月気分が抜けてきてエンジンがかかってくるところでまた休みである。出鼻をくじかれるような感覚があるのではないか。日本人を慢性的に怠け者にする恐れはないか。GDPに少なからずの悪影響を及ぼし、新指標JPX日経400を引き下げることになりはしないか。

かつて成人の日は1月15日で、2000年から1月第2月曜日に変更されたのだが、1月15日といえば、中国では「元宵節」だ。年の最初の満月の夜だから元宵節(だと思う)。その日までが過年(越年期間)とされる。元宵節には、地域にもよるのだろうけれども、街にはランタンが飾られ、家庭では団子を食べ、満月を愛でる。

数え年で年齢を数えるのであれば、元日にみな一斉に年をとるわけだから、過年のうちで区切りのいい日に新成人を祝おうというのは、まあ理にかなっている。

でも、いまの日本にそれをあてはめるというのはどうだろう。数え年の制度は全く廃ってしまっているのに、成人に達した祝いを一律に正月にやるというのは、いかにも無理がないか。正月に成人の祝いをするにしても、15日というのはいかにも遅い。現代日本人は忙しく、15日間も正月気分でいるわけにはいかない。小正月という言葉もあるけれども、いまや松の内といえば七草粥を食べる1月7日までだろう。1月第2月曜日に変更され多少は正月から成人の日までの日数は短縮されたとはいえ、それでも長い。

その日の夜、母を交えての夕食の席で僕がこの疑問を口にしたところ、母はすぐに
「藪入りだからじゃないの」
と答えた。

藪入り。(ウィキペディアを参照すれば)年中休みなく働いた丁稚奉公人や女中が休暇として実家に帰ることができた日で、1月16日と7月16日がその日に当たる。時代が江戸から明治にかわり暦も旧暦から新暦にかわっても藪入りの習慣は廃ることなく、労働人口の移動がより活発になったことから、かえって一層重要な年中行事のひとつとなった。

なるほど。

若者たちは、元旦前後以上に1月15日前後に故郷へ集まるので、各地方での成人の式典が1月15日頃にとりおこなわれるようになった、だから1月15日が成人の日に定められた   それはいかにもありそうだ。

でも、やっぱり現代社会にあてはめるとどうだろう。いまや藪入りの習慣は消え去ってしまった。もちろんサービス業従事者のうちの少なくない人々は三が日に休むことができず、1月の2度目の週末を待って故郷に帰るのだろうけれども、その人数は元旦前後に帰る人に比べれば圧倒的に少ないはずだ。それなのに未だに1月第2週の月曜日に成人の式典を行うというのはいかがなものか。元旦前後に実家に帰った新成人が、成人式出席のためにもう一度帰るというのもかなりの負担だろうし。

成人式当日にまだ19歳で、同学年のみなと一緒に酒を飲むことができない人もいるだろう。2000年の制度変更の際に、1月15日という日付への拘りを捨てるのだったら、思い切って日程を変えてしまえばよかったのに。いっそのこと4月の最初の月曜日あたりにしたほうがよかったように思うのだけれども、どうだろう。

中国関連ブログ一覧へ


posted by osono at 16:24 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2013年01月23日

通貨戦争の始まりなのか?

円安が一服してしまっている。

その大きなきっかけとなったのがいわゆる「甘利発言」。政府内より円安の弊害を指摘する声がちらほらと聞こえるようになっている。

もうブレたのか、と思い、開いた口がふさがらなくなった。

円高はデフレの最大の原因であった。アメリカやギリシャなどで起こった問題は円高というルートを通じて日本に波及した。円高が日本経済に悪影響を及ぼしているのは明らかだが、その退治は国際的に容認されにくいので、今までの軟弱政権では円高を退治することができなかった。しかし安倍さんは円高に真っ向から立ち向かうと約束し、その姿勢を国民は評価して、衆院選で自民党を大勝させた……

のに、もう円安を警戒する発言である。


18日の日経朝刊には「円安の行き過ぎリスク」というタイトルの記事が掲載されている。冒頭部分には

「円安は、輸出企業の利益を増やすが、輸入価格の上昇によって消費者の購買力を減らす。円安によるインフレ期待は、株や不動産などの資産価格を上昇させるが、潤うのは資産家と企業だけだ。この格差の拡大が景気を回復させることはまずありえない」

とある。

この文章、おかしい。

「円安は、輸出企業の利益を増やすが、輸入価格の上昇によって消費者の購買力を減らす」……本当にそうだろうか?「輸出企業の利益を増やす」は正しくても、「消費者の購買力を減らす」は疑わしい。

「円安によるインフレ期待は、株や不動産などの資産価格を上昇させるが、潤うのは資産家と企業だけだ」……本当に「潤うのは資産家と企業だけ」なのだろうか?

「この格差の拡大が景気を回復させることはまずありえない」……仮に「格差の拡大」が正しいとしても、果たして「景気を回復させることはまずありえない」と結論づけることができるのか?なぜそう言えるのか?

マクロ経済的に言えば、通貨高によって増加する対外直接投資によって、資本輸出国では労働者から資本所有者への所得再分配が発生する(それが労働組合が資本輸出に反対する理由である)。通貨安の場合はその逆を考えればいいのであって、資本所有者から労働者への所得再分配が発生する。

つまり理論的には、円安によって労働者の実質給与が上がるのではないかと考えられるのだ。

確かに円安によって得をする人と損をする人とが出てくるだろう。

しかし全体としては、円安によって国は潤う可能性が高い。

円安批判を行うのであれば、そのあたりを理解した上でしなくてはならない。

イギリスから、日本の通貨安政策を非難する声が聞こえてきた。

このまま円安政策が続けられる限り、国外からのこういう声は一層強くなっていく。

通貨戦争とは、拙著「カレンシー・ウォー」でも触れたとおり、一般的には通貨安競争である。日本はこれまで負け続けてきたのだから、少々の円安でも以前の負け分と相殺という感じだが、他国はそうは考えない。日本は通貨戦争を仕掛けているとみられてもしょうがない。

安倍政権はそれに怯まずに初志を貫徹できるのだろうか。それともいままでと同じで外圧に弱い国であり続けるのだろうか。

中国関連ブログ一覧へ





posted by osono at 14:58 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2013年01月14日

孫への贈与 2500万円まで非課税に?

相続税については、小規模宅地等の特例は縮小の方向にあり、さらに基礎控除は5000万円から3000万円に引き下げる予定らしい。つまりこのところ課税強化の方向にある。

一方で、今日の朝刊で、贈与税について孫への2500万円の贈与が非課税になる見込みと報じられていた。

よくわからない。

相続税の強化と完全に逆行するような措置じゃないの。

いったい何がやりたいのかわからない。

課税強化がいいとか悪いとか、そういうことを言いたいのではない。どちらか一つに統一すべきだと思う。そうしないのであれば、政策に思想がないと言わざるを得ない。行き当たりばったりとしか思えない。

贈与税の非課税は、高齢者の金融資産を教育資金に充てさせることによって高齢者の貯蓄を切り崩す、という景気対策の側面があるのかもしれないが、そういうことは所得税などでやるべきであって、相続や高齢者から孫への贈与という、長期的観点でなされる経済行動を課税の対象とする税でやるべきではない。

税制においては重要な原則はいくつかあるけれども、やたらめったに変更しない、というのも重要な原則の一つだ。どんな悪税でも、事前に決まっていて、かつそれが長期にわたって変更がなされないのであれば、人は誰でもその税制に合わせて行動することができるので公平だということができるが、税制が変更されると、たまたまその税制で有利になる人とか有利な状態に容易に変われる人と、そうでない人との間で不公平が生じる。

高齢者の金融資産は、現状は銀行預金や証券投資などを通じて企業投資に向けられるが、それを教育投資に振り替えようとする政策と言うことができるかもしれない。でも、日本の将来のために教育投資を促進すべきみたいな議論はよく聞かれるけれども、それが企業投資よりも重要であるというコンセンサスは社会で既に形成されているのかなぁ。

企業投資よりも教育投資のほうが、実際に投資にまわされる率が高く、よって景気対策になると考えられているのならば、それにも疑問がある。2500万円を贈与しても、それがすぐに使われることはなく、大部分は貯蓄されて、何年にも分けて使用されることになるに違いない。むしろ景気には逆効果だろう。

この措置は、投票率の高い高齢者世代にウケのいい政策を出すという選挙対策と疑いたくなる。

相続税強化によって落ちる人気を、贈与税非課税によって相殺しようとしていると言ってもいいかもしれない。

そもそも教育費に2500万円が必要なのか、という問題もある。2500万円の贈与などと縁がない大多数の世帯の不満が募るだけのような気もする。

中国関連ブログ一覧へ


posted by osono at 14:07 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2012年08月23日

アスペルガーに関するあまりにひどい判決(4)

「第2 具体的な量刑」の2においては、検察官の求刑を超えて重い刑を科す理由として「社会内で被告人のアスペルガー症候群という精神障害に対応できる受け皿が何ら用意されていないし、その見込みもないという現状の下では、再犯のおそれが更に強く心配されるといわざるを得ず、この点も量刑上重視せざるを得ない」としている。

「精神障害者は街に出るな」と言っているようなものである。

この論法によれば、例えば、被告が死刑にも成り得る犯罪を犯したとした場合、「受け皿がないから死刑にしてしまえ」という結論が導かれることになってしまう。

それに判決要旨は「受け皿が何ら用意されていない」と決めつけている。しかし、精神障害者を、医師の判断により、行動制限を伴う入院をさせる措置入院の制度がある。

裁判官及び裁判員には、障害者に対する、時代錯誤な差別の意識がある。

明らかに誤った判決だが、これがもし裁判員制度によったがために出された判決だったとすれば、裁判員制度の欠陥を露呈したと言わざるを得ない。


posted by osono at 22:42 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2012年08月21日

アスペルガーに関するあまりにひどい判決(3)

この判決を報道で見た時、まず最初に思ったのは、果たして被害者は求刑をも越える重い刑を望んでいるだろうか、ということである。

しかし判決要旨の(量刑の理由)の2は、「被害者が受けたであろう恐怖あるいは絶望感、夫や子供を残して46歳という若さで命を絶たれなければならないことの無念さなどは想像するできないほど大きかったはずである」と、決めつけている。

確かにそうだったかもしれないが、被害者が死の直前に思ったのは、自立を願っていたのにそれができなかったという無力感かもしれないし、障害者として生まれたがために罪を犯してしまう弟への同情かもしれない。

他の家族にかける負担を考えて長い刑期を望むということはありえるが、障害者の家族として、弟がいかに大変な人生を歩んできたかを知っており、さらには、自分もそういう病気をもって生まれてきたかもしれなかった、自分はたまたま健常者なのだという意識もあるはずであり、弟に対する同情が、わずかにでも、確実にあったように思われるのである。判決は、障害者の家族の心情をしっかりと理解しているとは思えない。

判決要旨は、被害者の感情を、まるで見てきたかのように描いている。想像力を活かして事実でないことを、あたかも事実のように描くのは小説家の仕事である。それを裁判官が行うというのはいかがなものか。すくなくとも判決要旨に書かれたのと全く同じ感情ということはないし、軽い刑で済むことすら願っていたかもしれないのに、亡くなった被害者の心を勝手に推察し、それを量刑の判断に使うというのは、被害者に対してあまりに気の毒なことのような気がする。もし被害者が重刑を望んでいないとすれば、自分の本当の感情を証言することができない被害者は、果たしてあの世でどういう気持ちでこの判決を聞いたのだろうか。

続く


posted by osono at 07:52 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2012年08月09日

アスペルガーに関するあまりにひどい判決(2)

次に「量刑の理由」の4。
「以上検討したとおり、本件犯行の手段は計画的であること、犯行の態様は執拗かつ残酷であること、生じた結果は極めて大きく、遺族の処罰感情も厳しいこと、犯行に至る経緯や動機についてアスペルガー症候群の影響があったことは認められるが、これを重視すべきではないこと等の事情を総合するならば、被告人の刑事責任は重大であり、被告人に対しては長期の服役が必要不可欠である」

つまりこの判決では
(1)計画的であること
(2)執拗かつ残酷であること
(3)遺族の処罰感情も厳しいこと
(4)アスペルガー症候群の影響があったことは重視すべきではないこと
等の理由から、被告を重く罰しなくてはならないとしている。

しかしこのうちの(1)と(2)の「計画的」と「執拗」は、まさにアスペルガーの特徴の一つである。アスペルガー患者は、時に(この裁判の裁判官や裁判員が理解できないほどに)極端な計画性と執拗さを示す。被告がアスペルガー患者であることを認めた上で、計画的で執拗であることを理由の一つとして重罰を科そうとする本判決は、アスペルガーであれば罪が重くなると言っているようなものである。

それから(4)。これは「量刑の理由」の3の最後の部分での結論を引いているのだが、前回述べたとおり、「量刑の理由」の3の最後の部分は「病気である。ゆえに、病気は減刑の理由にならない」という意味のない命題であり、そのうちの「病気は減刑の理由にならない」という部分のみを引っ張り出してきて被告を重く罰しなくてはならない理由の一つとしている。

さらに続く


posted by osono at 03:03 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2012年08月08日

アスペルガーに関するあまりにひどい判決(1)

先日の日経社会面に「発達障害 求刑より重く 大阪地裁 殺人事件 20年判決」という見出しの記事が掲載されていた。

アスペルガー症候群を患い30年間引き籠り状態だった無職の42歳の男性が、その自立を促した姉を殺害したという事件で、7月30日、検察の求刑16年に対して、それを上回る懲役20年の判決がなされた。

アスペルガー症候群に対する甚だしい無理解と、精神障害者に対する時代錯誤な差別をも感じさせるとんでもない判決である。

判決要旨を読んでみた。

問題だらけの判決文である。

例えば「量刑の理由」の3の最後の部分。

「……最終的には自分の意思で本件犯行に踏み切ったといえるのである。したがって、本件犯行に関するアスペルガー症候群の影響を量刑上大きく考慮することは相当ではない」とある。

「したがって」の一言でごまかしているが、ここで論理が飛躍している。自分の意思で犯行を行ったら、どうして病気の影響を考慮すべきでないという結論になるのか。

この判決は
[自分の意思で犯行を行っていない → 罪にならない]という命題が真である場合に、その裏の
[自分の意思で犯行を行った → 罪になる]も真であると考えているようにみえる。
むろんそれは正しくない。
対偶の
[罪になる → 自分の意思で犯行を行った]というのは真だが、
[自分の意思で犯行を行った → 罪になる]は真であるとは限らない。

強い思い込みや強いこだわりはアスペルガー症候群の典型的な症状であり、アスペルガーであるがために被告は(この裁判の裁判官や裁判員が理解できない理由で)姉に対し恨みをもち、殺人に至るまでにその恨みを強めてしまった。

つまり、[病気である → 自分の意思で犯行を犯した]のである。

これと「量刑の理由」の3の最後の部分がいう
[自分の意思で犯行を犯した → 病気は減刑の理由にならない]とを合わせると
[病気である → 病気は減刑の理由にならない]となってしまう。

つまりこの判決は「病気である。ゆえに、病気は減刑の理由にならない」と言っているのに等しい。

もちろんこの命題には全く意味がない。

もし、自分の意思で犯行を行ったため「したがって」量刑上大きく考慮すべきでない、と結論づけるのであれば、「したがって」の一言でごまかしてしまわないで、なぜそうなのかを示すべきだろう。

おそらくこの裁判官および裁判員は、精神疾患といえば自分の意思を超えて異常行動をするものだと思い込んでいる。アスペルガー患者は一見健常人と同じように見えるが、病気であるがゆえに健常人とは異なる意思を形成してしまうのだということを理解していない。

アスペルガー症候群の人は、一見すると普通の人であるがために、周囲から病気とみなされず、それがために「おかしな人」「変わった人」と扱われて、社会において非常につらい思いをする。この判決はまさにその構図に陥っている。

アスペルガー症候群に対する無理解が背景にある。

長くなったので続きは別途


posted by osono at 03:02 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2012年08月02日

ロンドンオリンピック バドミントン失格問題

ロンドン・オリンピック・バドミントン女子ダブルスで中国・韓国選手らが“無気力”試合をしたという問題について、最初ウェブでみた時は「厳重注意がなされた」と書いてあり、まあ妥当だな、と思っていたが、今朝テレビのワイドショーを見ていたら「全員失格となった」と報じており、驚いた。

メダルをとることが目標となっている以上、一部の試合で負ければ上位に行ける可能性がより高まるのであれば、一部の試合で負けを選択することは戦略としか言いようがない。

野球で一塁が空いている時に敬遠の四球で塁を埋めるのと同じである。この失格を妥当だという人は、敬遠の四球もフェアプレーに反するから認められないと主張しなくてはいけない。

と、僕は思うのだが、人によって考え方は違うもので、わざと負ける行為はやはり認めるべきではないという人もいるだろう。

でも、人によって意見が分かれるのであれば、事前にどういう考え方をとることにするのか示しておくべきだったと思う。事件が発生したあとで、人によって考え方が分かれるにもかかわらず、片方の考え方を一方的に採用するというのは問題である。「疑わしきは罰せず」である。「法の不遡及」である。あらかじめ法が定められておらず判断が難しいのであれば、無罪とすべきだ。

反省すべきであり、かつ非難されるべきは、そういう行為が発生する仕組みを作った運営側なのではないか。仕組みをつくった側が悪いのか、選手側が悪いのか、第三者が判断すべきだろう。すくなくとも言えるのは、そういう欠陥のある仕組みをつくった本人(世界バドミントン連盟)が、処分を下すというのはおかしい。

と、おかしいことがいっぱいあるのだが、一番おかしいと思ったのは朝のワイドショーである。アナウンサーも複数いるコメンテイターも、一人として問題提議をしない。みな口を揃えて選手たちを非難していた。なでしこジャパンの対南アフリカ戦のドローも全く同じ問題だと思うが、それと関連させて論じる人もいない。

とってもおかしい。
posted by osono at 22:35 | Comment(0) | おかしいと思うこと

2009年05月18日

おかしい。すごくおかしい。


今“エコノミスト”の称号はおろしてしまっているし、経済・社会事象の観察は専らテレビと新聞だけなので世間のことをあまり評論できる立場にはないのだけど。。。


ちょっと最近おかしくないかぁ???


コポイント”なる制度が始まったのだとか。でも、何だか制度がややこしく、そもそも詳細が決まっていないのだという。経済政策たるもの、シンプルでなきゃいかん。複雑であればそれだけ経済を捻じ曲げ非効率がうまれ、全体としての経済厚生は確実に下がる。


元来ケチで滅多に家電を買わず、でもちょうど去年、何年も使い倒したテレビが壊れて地デジ対応テレビだけは既に購入しちまっている僕には何ら得はなく、なんとも不公平である。エコポイントの対象は家電購入のようだが、家電は基本的に高価なので、家電をちょっとやそっとじゃ買えないという層にとっても相当に不公平感があるに違いない。


それに気になるのが、「省エネ家電普及」もが目的となっているそうだが、買い替えることが本当にエコなのか?捻じ曲げて必要以上に消費を促進した場合、その原材料分地球の資源を使用し、その生産のために燃料を消耗し、そして捨てられる家電はゴミとなる。環境は本来経済発展の上限を定める一要素。エコと総需要喚起経済政策は、本質的に相矛盾するものなのだ。


速料金1000円均一。これもかなりおかしい。


僕は昨今、1時間以上運転するのが耐えられず、運転は都内か、遊びに行く時も新幹線の下車駅でレンタカーをする。よって1000円均一の恩恵は全く得られない。車を運転しない人も当然恩恵がないし、もともとの高速料金でも高速を利用する人にとっては渋滞する分迷惑であろう。


それにこれ、必要以上にガソリンを消費させる政策であり、環境の観点からは大いに疑問があるはず。

付金。こちらは僕も恩恵を受けたものの、経済政策としては無茶苦茶おかしい。


僕の住む世田谷区の他、多くの場所で給付金支給は銀行等振込となったようだ。でも銀行振込みなんて絶対にしちゃいかんのである。給付金によって僕の消費行動は(いつ振り込まれるかもわからないし)、全く変わることはなく、給付金は確実に全額貯蓄となる。全額が貯蓄された場合、経済効果はゼロである。経済的には全く何の意味もない。


この給付金発表時、麻生総理は「消費税増税」について言及した。最近流行らないが、学説では、消費者が合理的なら、赤字国債発行に対し将来の増税を予想し貯蓄をしてしまうから経済効果は全くない。経済政策が効果をもつためには将来の増税を想像させるようなことは一切言ってはならんのである。

かしい。とってもおかしい。


選挙対策なのだろうけれども、こんなにおかしなことが次から次へとまかり通るというのは異常である。


今回の金融危機を契機に、経済の自由放任に対する考え方が一気に後退しているが、今や経済を管理することならなんでもありという感じになってしまっている。


アメリカの巨額赤字とそのファイナンスの問題もあり、経済は相当にやばい方へ向かっている。
posted by osono at 00:00 | おかしいと思うこと

2008年04月01日

早起きは美徳でもなんでもないという話のつづき

早起き批判の理由について、「明日かく」と言ったけれども、その前に。

ときどき僕のブログに突っ込みを入れてくれる経済学者きん氏から「三文って価値あるのか?」とのメールがきた。

辞書によれば、三文とは、「一文銭三枚。値打ちのないこと。非常に安いこと」なのだそうな。

つまり「早起きは三文の得」というのは、「早起きなんてしても大して得はしない」というありがたいお言葉らしい。

なぁんだ。昔からわかってる人はわかってたんだ。
posted by osono at 00:00 | おかしいと思うこと