2006年01月06日

救命ボートから降ろすには

みなさま、あけましておめでとうございます。


今年も、本サイトともども、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


(数年前より年賀状を廃止してしまっているので、この場を借りてご挨拶させてください。といっても、既に6日になってしまっていますけどね)



とある生命保険の外交員さんが彼の顧客宛てに定期的に送っている手紙の中に、彼が吉本興業専務と食事をしている時、その専務さんから概要次のような話を聞いたということが書いてあった。





タイタニックが沈没する際、救命ボートに多数の人が乗り移った。このままでは救命ボートが沈んでしまう。子供と女性を優先するためにキャプテンが既にボートに乗ってしまった各国の男性に対して言った。



ドイツ人に対しては「君はルールが大切だといっていたよね?」


イギリス人に対しては「君はジェントルマンだといっていたよね?」


アメリカ人に対しては「君はヒーロでありたいといっていたよね?」


そして日本人に対しては「もうみんな降りてるよ」



こういうと彼らは皆おとなしくボートを降りた。





じゃあもしここに中国人がいたとしたらどうだろう。



え〜と



中国人といえばお金好き。じゃあ「降りたらお金をあげるよ」……ひねりがなさ過ぎ。



「そのボートは中国製だよ」……最近は中国製を買おうという運動もあるみたいだからイマイチかな。では



「そのボートは日本製だよ」……去年の春ならこれで決まりかな。でも本質的には日本製は好きみたいだし。う〜んと、食べ物にかけるといいのかな



「そのボートに乗ったらイギリスに戻っちゃうよ」……アメリカに行ってもあまりうまいものは食えないしなぁ



あまりパっとしたセリフを思いつけないのですが、皆様、いいアイディアありません?
posted by osono at 00:00 | へえ〜 そうなんだぁ

2005年10月04日

女房は細い?太い?

帰宅しようと思ったら外は雨。タクシーを呼び、それがくるまでの時間でこれが書けるか??

前回に引き続き言葉の話。

このブログで、妻のことを「細君」と書いたときに思った。

「あれ?そういえば日本語では「細君」、中国語では「太太」。「細」と 「太」では全く逆だなあ」

ちょっとした驚きだった。ひょっとしてサイクンは「妻君」と書くのかと思い辞書を引くと、やはり「細君」である。

では、「太太」は謙譲語として使い、「細君」は本来、他の人の奥さんを呼ぶ時に尊敬語として使うのだろうか。「君」という字は目上の人に対して使うようにも思える。

再び辞書を引いてみた。

『さい - くん【細君】名(1)自分のつまの謙称。(2)(転じて)同輩以下の人のつま。』とある。やはり謙譲的に使うようだ。

「細い」という字をつけ、昔は「女房にたっぷりと食べさせることもできない自分の妻」というようなことを表現していたのかもしれない。しかし現代語としてはどうなんだろうなあ。細い妻は自慢のように聞こえる。

一方中国語の「太太」は本来どう使うのだろう。一般的には自分の妻のことも人の奥さんのことも「太太」と呼ぶが、ひょっとしてもともとは人の奥さんのことのみを指していたかもしれない。それが昨今、細身がもてはやされるようになると同時に、自分の妻を謙譲的に呼ぶ時にも使うようになったとか。

などとつらつら考えていたらタクシーが来た。ちっとも細くないキミの待つ家へ帰ろう。

posted by osono at 00:00 | へえ〜 そうなんだぁ