2013年03月23日

激痛で書けない

3月12日の記事は書き始めから書き上がりまで1週間もかかてしまったが、なぜかといえば、書けなかったのである。

忙しかったからとか、PCが壊れていたとか、そういうことではない。

13日の夜、6軒をハシゴする暴飲をし、翌朝起きると首から肩にかけて痛みがあった。

その日は、宴会で酒を避けた以外に日常生活に支障はなかったのだが、痛みは日ごとに増していった。

そして三日目の朝。僕は金縛りに遭った。

とはいっても、長い髪を顔の前に垂らした色白の美女に胸の上で跨られていたわけではない。

足も腕も動かせるのだが頭をどうしても持ち上げることができない。寝ている間に首に強い圧力を加えていたらしい。手を頭の後ろに差し入れて無理やり持ち上げると激痛で不覚にも悲鳴をあげた。

整形外科に駆け込む。

レントゲンを撮ったあと、恐ろしい病名を告げられ死刑宣告なみの衝撃を受けるに違いないと泣きそうになりながら廊下のベンチで名前が呼ばれるのを待った。

医師が含み笑いを浮かべながら告げた病名は、「肩こり」であった。



  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 22:10 | Comment(0) | 日記