2013年01月24日

北方領土問題に注目

どういうわけだかあまり話題になっていないが、僕は北方領土交渉に大いに注目している。

おそらくは日本の政権交代のために延期となっていたプーチン大統領と森喜朗元首相との会見が画策されているという。

プーチンは問題解決に意欲的のようであり、会見が実現すれば北方領土問題になんらかの進展があるかもしれず、ひょっとしたら年内の完全解決もあり得るのかもしれない。

どういう形であってもいいから、この長年の問題が解決することをものすごく期待している。島自体には大きな経済的価値はないとしても、ロシアとの間で平和条約が締結され、資源の面での協力関係が構築されることによって日本に大きな利益をもたらすだろうし、そういうおカネのことを考えなくても、隣国との争いが一つなくなることは大いに喜ばしいことだと思う。小さい頃に学校で北方領土問題の存在を聞き、隣国との間に争いがあることに、なんとも悲しいような感じがしたものだ。

ロンドン・オリンピックの凱旋を見るために銀座に集まった群衆の多さに、僕はなんだか、1937年の南京戦のあとの日本での提灯行列を見るようで、恐ろしいような、気味の悪いような感覚を抱いたのだが、北方領土問題が解決したならば、それが日本にとって大幅譲歩となったとしても、国民みんなで街に繰り出して大いに祝ってもいいほどの良い大事件ではないかと思う。

四島の完全返還は不可能なことは明らかであって、よって、どんな形で妥結されても、それに文句を唱える人は必ずいるだろう。自民党は、参院選を前に冒険をしたくないと思うかもしれない。

でも、北方領土問題を解決した人は、十年後にはおそらく英雄とみなされる。本年、目先の利益や外野の声に惑わされずに、この問題が取り組まれることを切望したい。

中国関連ブログ一覧へ




  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 17:40 | Comment(0) | へえ〜 そうなんだぁ