2012年12月17日

中国国内線のウェブ予約

中国で国内線に乗る時はたいていあらかじめ予約はせず、空港に行ってから次に出る便の航空券を買う。そうすれば時間を気にしないで済む。朝、寝たいだけ寝られるし、空港までの路で渋滞にはまってもイラつく必要ががない。

ただそれは上海から北京や広州に飛ぶ時など、一日にいくつものフライトがある路線において可能なのだ。今回は重慶行きで便数が限られ、特定の便に乗れないと困るので事前に予約をすることにした。

予約をしようと思い立ったのがフライトの前日の23時頃。

ctrip のサイトで予約を試みるもうまくいかない。料金支払いに海外発行のクレジットカードも使えるとの説明が書かれているにもかかわらず、クレジットカードの種類の選択画面では中国国内発行のクレジットカードの中からしか選択できないようになっている。

簡体字ページで予約をしようとしていたのだが、では、日本語画面では日本発行のクレジットカードも選べるのではないかと思って試してみるが、今度はなんと、行き先の中から重慶を選ぶことができない。

じゃあしょうがない、英語画面はどうだ、と試すが、行き先に重慶を選ぶことはできたが、簡体字ページと同様、国外発行のクレジットカードを選べない。

あたまにきたので、ctripで予約することをやめ、e龍で予約をすることにした。

こちらは順調に国外クレジットカードを使って予約完了画面までいくことができた。

ここまでで一時間以上を費やしており、やれやれと思いながらメールをとりこんでみると、e龍から
「予約はまだ完了していない。クレジットカードの確認をしたのちに、明日の正午までに連絡をする」とのメッセージが入っていた。

明日の正午って。。。飛行機の出発時刻は11時である。まにあわないじゃぁないか。

いやになってその日は寝て、翌日、ともかく空港に行くしか術はない、と思いつつ8時にホテルを出た。

9時ころ、メールをとりこんでみるとe龍から「予約できたよ」とのメッセージ。

結局思った通りの便に乗れたわけだが、かなりの疲労感が残った。


あとでわかったのだが、どうやらctripは、国外発行のクレジットカードカードについては12時間以上前に手続きしなければいけない、ということになっているらしい。




  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 22:16 | Comment(0) |