2009年07月20日

W香港とオカマツアー

週末、広州で1泊暇になり、いつもならマカオへいっちゃうところだが、たまたまスターウッドホテルズの週末タダ宿泊権があるので、それを使ってW香港に泊ってみることにした。

週末タダ宿泊権利用の場合はインターネットで予約をできない。日本の予約センターに電話をすると、週末はやっていないとのこと。で、シンガポールの予約センターに電話をする。

「お泊りは2人ですね?」
「いえ1人ですけど」

なんで2人で泊るのが当然みたいに聞かれるんだ?リゾートじゃあるまいし、1人で泊って何が悪い!

と少々カチンと来たが、実はこのホテル、あまり1人で泊るようなホテルではないのであった。

24552b.jpg

24552.jpg
斬新なデザインのエレベーターホールと部屋の壁


年初にソウルで泊って以来2度めのW宿泊である。Wは「ブティックホテル」というか、高級ラブホテルっていうか、内装が相当に奇抜であるのが特徴。ソウルは部屋の中がマッカッカだった。そしてW香港も、写真のとおり、各所に斬新な内装が施されている。たしかにこんな部屋にビジネスで泊るやつはそうはいない。

客室内の各家電の操作が何とも難しかった。どうすればテレビがつくのか、DVDの蓋を開けられるのか、iPodを聞くことができるのか。いちいちわからない。電燈等のボタン操作もやっかい。どのボタンを押せば部屋の灯りが消えるのか、カーテンが開くのか、エアコンを切ることができるのか、等々。

予約したのは、「ワンダフル」キングの部屋で、無料アップグレードしてくれたのが「ファンタステッィク」ルーム。ちなみにホテルで一番いい部屋は「エクストリィームWOW」ルームなのだそうだ。わかりやすいような、ものすごくわかりにくいような。。。

ロビーが6階にあり、客室は7〜38階にあるが、スポーツジムはなんと73階にあり、スイミングプールはさらに上の76階。プール脇には露天ジャグジーがあり、香港の摩天楼を一望できる言わば天空のジャグジー。

24552_2.jpg

24552b_2.jpg
リビング&ベッドルーム。海を見下ろす


ところで、このプール、曇天のためか利用者が僕以外には男2人しかいなかったのだけれども、この2人、泳ぐでもなく、ビキニの水着でプールサイドでず〜っと寝そべって、何やら仲よさげに話し続けている。

キモチわるい。

襲われてはたまらないので早々にプールを退散することとし、そのさいに登記されていた名前を見ると日本人の名であった。

73階にはサウナ、スチームサウナ、ジャグジー、シャワーの施設がある。ロッカールームで服を脱ぎ、バスルームへ入っていくと、男が1人ジャグジーの縁に座り足だけを湯につけ日本語の雑誌を読んでいた。なんだかジャグジーに入りづらく、サウナへ直行したら、フルチ●で仰向けになって寝ている男がいた。サウナでありながらも背中に悪寒を感じるためか、なかなか汗が出てこず、フルチ●男に遅れること数分してからサウナをでた。

目を疑った。ジャグジーの中に黒ずんだ桃がポッコリと浮いているのである。よくよくみれば、先ほどの雑誌男が泳いでいるのであった。。。

24552b_3.jpg

24552_3.jpg
天空のジャグジー&プール


恐れおののき、もはやジャグジーに入るのは諦め、シャワーの個室に入って扉を閉めた。

シャワーを終わりロッカールームへ行くと、フルチ●男と黒桃尻男が、裸のままで何やら楽しく談笑している。僕は彼らの視線を気にしながらも、急いで服を着てその場を後にした。

プールサイドの2人とバスルームの2人、いずれも日本人である。通常カップルしか泊まらないようなブテッィクホテルにて。なんなんだ?連休を利用したゲイの香港ツアーか?

24552_4.jpg
NYのblissスパのアジア初上陸がココだそうだ。部屋のシャンプー類もbliss製


  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)