2009年07月16日

国際電話カードを常備しよう

スターウッド系列のホテルの週末無料宿泊アウォードを獲得したので、今週末の広州滞在のためにさっそく予約しようと日本のコールセンターへ電話をした。


中国から日本へ電話をかけるとき、国番号(すなわち81)の前に
1795100
をつけて電話をすれば、2.4元/分でかけることができる。


しかし、コールセンター小姐に「もしも〜し」を連呼されてしまった。こちらはちゃんと聞こえるのだが、向こうにはこちらの声がとぎれとぎれになってしまっているようなのだ。


そう。1795100はIP電話であり、時に音質が悪すぎるのである。


で、しょうがいないのでいったん切って、KDDIの国際プリペイドカードでかけなおした。こちらはKDDIの普通の国際電話回線を使うので音質良好。かつIP電話と大差ない価格である。かけなおしてからは、音が途切れるということもなく速やかに予約完了。


日本への通話はいつもIP電話を使う、という人も、いざというときのために国際電話カードは常備しておくべきである。


で、結局は宣伝になっちまうのだが、中国に行く人、住む人は、何はともあれ国際電話カードを買っておくべき


長いカード番号を入力しなくてはならないのが面倒だが、多くの携帯では、番号を登録することができる。

一瞬ブレイクを置かなくてはならないところでは「P」の文字を登録しておく。例えば、上海からKDDIの国際電話カードで東京の34567890へ電話する時は、

1082810P0334567890

と登録しておけばよい。

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 上海エクスプローラー