2009年04月27日

におい

と、大正時代あたりの小説みたいなタイトルをつけちゃったが、「匂い」ではなく「臭い」のお話。ただこれ、一部の人、すなわちそのにおいの発生源の人からは反発をかいやすい内容なので少々気をつけてかかなくてはならない。


まずは公衆での屁。これは万人、正確にいえば、においの到達範囲にいる人のうち、本人を除いた人全員が不快に思う。明確なる迷惑行為。




次に公衆でのタバコ。人にもよるが、僕は気になる、っていうか、かなり気にする方。愛煙家との打ち合わせの際、「吸ってもいいですか」と聞いてくれる人もいる。おそらくは「どうぞ」との応えを期待しているのだろうけれども、僕は、自分の同輩ならば「ダメ」ととりつく島をも与えない態度をとり、下の人間なら、明確な拒否はかわいそうなのでしないが「オレの前でタバコを吸おうとはいい度胸してやがるゼ」と恫喝する(ただ実際には、同輩も下の人間も冗談だと思うらしく、結局は吸われてしまうのだが。。。。。ちなみに相手が客や目上の人の場合には、「どうぞどうぞ」と言いながら灰皿まで取りに行ってしまうのであった。これは阿諛ではなく社会性である、と思う)。

喫煙率は、日本では男性40%・女性13%程度といずれも過半を下回っているそうなので、公衆での喫煙は、少なくとも日本では迷惑行為ということができると思う。中国では、男性喫煙率については50%を越えているかもしれず、迷惑行為と言い切れるかは微妙。まあ、エレベーターの中で吸うのはいくらなんでも止めてもらいたいと思うが。



と、別に屁とかタバコのにおいのことを言いたかったんじゃなくて、本題は化粧のにおいのこと。

一昨日の上海虹橋−羽田便でのこと。隣の席に30前後の目もとの涼やかな美人が座った。飛行機での隣の席は空いているのが一番だが、そうでなくても、太っている人よりは痩せている人、男よりは女が座った方がうれしい。通常は。。。

しかしその女性が座るなり化粧のにおいが漂ってきた。最初はあまり気にしていなかったのだが、狭い機内でのこと、だんたんと気分が悪くなってきた。

化粧のにおいは屁とかタバコとかと違って一定時間後に拡散してなくなるようなものではない分たちが悪い。いやなにおいを3時間かがされなくてはならないのである。よっぽど客室乗務員に「化粧くさいので席をかえてくれ」と言おうと思った(が、結構混んでいるのでよっぽど自分が迷惑かもしれないのでやめた)。僕はいつも目隠しと耳栓を常備して飛行機にのっているが、しょうがないので耳栓で鼻栓をしてやろうかと思った(が、その顔は相当にばかばかしいだろうからやめた)。



化粧は周囲の人によく見られるためにするものだろうけど、においのために周囲から迷惑な存在となってしまっていることにはなぜ気付かないのだろう。

日本に帰ってからこの話を女性数人に話したが、どうもあまりピンとこないようだ。自分の屁のにおいは不快ではないのと同様、というところだろうか。

ただ、我が日本の女性全員を敵にまわすとかなり恐ろしいので補足するが、化粧のにおいにうんざりすることは、そういえば日本国内よりは海外においての方が多いような気がする。化粧品の質の問題なのか、化粧の技術力の問題なのかはわからないけど。


「自分の加齢臭を棚に上げてナニヨ」と怒っている人がいるかもしれない。。。

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 日記