2008年12月06日

杭州湾跨海大橋

17193.jpg
寧波で用があり、上海への帰り道、本年5月に超鳴り物入りで開通した「杭州湾跨海大橋」を通った。


全長32km。世界で二番目に長い橋なそうな。



携帯で撮ったのでわかりにくくて恐縮だが、写真のとおり片側3車線の道が延々と続く。左側(西側)ははるかに陸地が見えるが、右側(東側)は見渡す限りの海。



写真をよく見るとわかるように、この橋、完全にまっすぐというわけではなく、緩やかなカーブがあり、またほとんどが海面すれすれだが、船を通すためだろう、盛り上がっているところがある(写真では、道が右に曲がり、しばらくしてからポコっと高くなっているところがあるのが分かる)。


この橋により上海‐寧波間が320km短縮されたのだそうだ。以前は車では6時間くらいかかったので飛行機を利用したものだが、今は車で3時間ほどとなり非常に便利になった。


17193_2.jpg橋の上海側は、ちまきで有名な嘉興のすぐそば。橋を渡り終えてすぐのところにサービスエリアがあり、そこでちまきを売っている。


2つ購入。なかなか美味。

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 華東(蘇州、南京、杭州等)