2008年04月01日

早起きは美徳でもなんでもないという話のつづき

早起き批判の理由について、「明日かく」と言ったけれども、その前に。

ときどき僕のブログに突っ込みを入れてくれる経済学者きん氏から「三文って価値あるのか?」とのメールがきた。

辞書によれば、三文とは、「一文銭三枚。値打ちのないこと。非常に安いこと」なのだそうな。

つまり「早起きは三文の得」というのは、「早起きなんてしても大して得はしない」というありがたいお言葉らしい。

なぁんだ。昔からわかってる人はわかってたんだ。

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | おかしいと思うこと