2010年06月28日

サッカー外交

G20で韓国のイ・ミョンバク大統領が菅首相に「パラグアイに勝ってほしい」と言ったそうだが、ここ広州でもワールドカップの話題を頻繁にもちかけられる。

タクシーに乗ればまずワールドカップの話題である。こちらが日本人だとわかると、どの程度本気なのかは知らないけれど、
「明日は試合だな。日本はきっと勝つ」
とか、
「日本はアジアの期待を背負っている。がんばれ」
とか、言われる。

話半分に聞いているが、こう何度も言われると、この4年で対日感情が少々改善したのでは、なんて思ってしまう。

車のブランドとして頭に入っているので覚えやすかったのかもしれないが、いまや中国でもBenTain(本田)は有名人。たまたまNHKで本田選手の特集を見ていたので彼らの知らない新情報を与えて話題を盛り上げることができるが、1年前だったら、外交努力もむなしく、そこで会話は終わってしまっていたに違いない。

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 中国社会・外交など