2010年10月23日

中国の消費者物価上昇率は43%?

中国の消費者物価上昇率が3%ちょっとなんて、とても信じられないと思っている人はおおいんじゃないだろうか。

鉄道だって、レストランだって、ゴルフ場だって毎年値段がどんどん上がっている。流通機構の整備・効率化によってモノの価格は安定しているのかもしれない。でも、我々外国人にとって影響の大きいサービスの価格は、体感では年率10%くらいで上がっているような。

で、ふと物価上昇を実証しようと思い立ち、“ビッグマック指数”を記録してみることにした。

観測地点:広州中信広場1階マクドナルド

2010年6月27日
ビッグマック:14元
ハンバーガー:5.5元
チーズバーガー:6元

2010年9月3日
ビッグマック:15元
ハンバーガー:6元
チーズバーガー:6.5元

わずか2カ月強で、ビッグマックは1元上昇。年率に直せば、なんと約43%高くなった!(もちろん2カ月間のサンプルではあまり意味はないけど)

ちなみに東京では、ビッグマック320円、ハンバーガー100円、チーズバーガー120円であった。すなわち、ビッグマックで算出した為替レートは

1元=21.3円

実際の為替レートが1元12.1円程度なので、ビッグマックで考えれば、現在の日本円は異常に高い、ということになる。

さらについでにアメリカでのビッグマックの価格3.73ドルで計算すると、

1ドル=85.8円

実際の為替レートに近い。

ということは、「元に対して円が異常に高い」というより「円に対して元が異常に安い」というほうが適切かもしれない。

(もちろん為替レートを購買力平価で論じることにあまり意味はないけど)

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 中国経済