2006年04月13日

静かな夜に思う。。。

昨日、夜遅く(というか明け方)まで仕事ばっかりしている、って話を書いたら、どうもこちらと、こちらで「アンタの仕事は効率が悪いんじゃないの」と批判されたような気がするので、今日はもうお開き。

でも、パソコンを叩く仕事をしていると、パソコンの蓋を閉めても目がさえてすぐ眠れない。ゆっくりと気を鎮めつつ睡眠モードに這入っていかなくてはならない(「這入る」。変換ミスではありません。最近この当て字、気に入って使っています)。で。。。




静夜思

床 前 明 月 光

疑 是 地 上 霜

举 头 望 明 月

低 头 思 故 乡




李白ですね。


深夜2時。さあ寝よう、とベッドに這入ると、窓から霜のようにきれいな月あかりがさしこんできた。僕は身体を起こし窓の外を見てみた。目の前にツインタワーがそびえている。その真上に真っ白くてまん丸な月が見えた。「そろそろ一度日本に帰ろうかな」 そう思い、僕はしずかに頭をたれた。。。)
(超意訳 by 編酋長・「ツインタワー」は港汇广场をイメージしてください)

まあいなかを思い出すってことはないのだけれど、寝る直前にきれいな月明かりを楽しむくらいのゆとりはほしいものです。

っていううちに2時が近づいている。。。寝なきゃ。


  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 漢詩