2009年03月30日

駄作

映画のおはなし。

ツタヤの店内を歩いていてふと気付いたのだけど、僕は元来駄作にであう機会が多いほうだと思う。

決して「映画好き」の部類ではないけれども、昨今結構の数の映画を見ている。1か月に、往復を2回と数えて、たいてい4回以上飛行機に乗る。飛行機に乗れば映画を見る。短い上海−東京線なら1本、その他の線なら2本。飛行機以外でも毎月平均すればDVDで2〜3本見るだろうし、映画館にも1〜2か月に1回くらいは行く。都合一か月に10本近く映画を見ているに違いない。

もちろん世間には月に10本映画を見る人はいくらでもいるだろうけれども、映画評論家とかでもなければ、そのほとんどは数ある選択肢のうちから選んで見るものに違いない。でも飛行機の中でばかり映画を見ている僕は、どうしてもつまらん映画に出会ってしまう。飛行機の映画は月単位で変わるので、月初はいいけれども、月の後半には大して見たくもない、評判も聞いたことがないような映画を見ることになってしまう。そして、駄作にであってしまうのだ。

昨日ツタヤの中を歩いていて「これ駄作!」「あっ、これもつまらんかった!」と指さしたのは「ラスベガスをぶっつぶせ」と「舞妓haaaan」。ちょっと前に見た「相棒」もつまらなかったなぁ。世間では結構人気のあるテレビ番組の映画版なようだけど、全くもって理解できん。さらに遡ると「戦国自衛隊」もつまらんかった。ず〜っと昔に薬師丸ひろ子が出ていた戦国自衛隊は楽しんだだけに残念。

ただ「つまらん」と理由も言わずに叫んでいるだけでは小学生低学年児のケンカみたいなので、なぜつまらないのか考えてみるべきなのだけど、はっきりした理由は思いつかなかった。共通するのは、感動もおどろきもない、という点かなぁ。でも小説なら、川端康成の作品とか、感動もおどろきもなくても名作と言えるものはあるよなぁ。小説はやはり行間を読む、という作業があるからかなぁ。

感動やおどろきの有無とは関係なく駄作と思うものもある。「グリーンマイル」とか「火垂るの墓」とか。悲惨すぎるもの。これらも文字で読めばいいのかもしれないけど、映画は二度とみない。

以上、ネタ不足のおり、誰の役にたつのか全く分からん話を書いてしまった。相当のサディストを除いて、駄作と言われて見る人もいるはずもないのであって。。。

ところで上記を見ると、要は邦画に駄作が多いようにも見えるけど、ちょっと前に見た「ハッピーフライト」はおもしろかった。一昨日見た「僕の彼女はサイボーグ」も結構楽しめた。

決して、僕の映画評価に、綾瀬はるかがでているということのみが影響しているわけではない(と思う)。



自社サイトにブログランキングを作ってみました。テストしたいので、お時間のあるかた、ポチっとお願いします。→ 中国関連ブログランキングへ

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 読書等