2009年02月05日

あやしいホテルクーポン@マカオ

大陸に入る前にマカオに寄ってみることにした。

僕としては久し振りのマカオである。果たしてどのくらい景気悪化の影響を受けているのか興味があった。ソウルでカジノの真上のホテルに泊まりながら、一円、というか、一ウォンも遊ばなかったという、何とも不完全燃焼的な気持ちのわるさの仕返しの目的もあった。

ポカポカ陽気で心地よい香港空港にて、出国せずにマカオ行きのフェリーに乗りかえる。ちょっとインターネットを使用しなくてはならなかったので、飛行機を降りてすぐのところでパソコンを広げて作業をしていたら(香港空港ではほとんどの場所で無料無線インターネットを使うことができる)、フェリーを一本乗り過ごしてしまった。空港にて2時間半待ち。

最近マカオに行く時は、ホテルは事前に予約せず、マカオのフェリーターミナルの中にある旅行会社で、値段を見ながらホテルを選ぶ。こうすると、そのホテルのウェブサイトで予約するよりも確実に安く泊まることができる。

軒を並べる旅行会社のうちの一つで「5つ星ホテルでいいのある?」と尋ねると、MGMがなんとMOP880なのだという(MOP1はほぼHKD1、すなわち1泊1万円くらい)。普通はその2倍はする。無茶苦茶安い。すぐにこれに決めた。

通常は旅行会社でお金を払い、クーポンをもらって、そのクーポンをホテルのチェックインカウンターで呈示しキィーを受け取る。ところがこの旅行会社のおばちゃん、金を受け取るとすぐにキィーを出してきた。さらに「チェックインはしなくていい。帰る時は部屋にキィーをおいてくればいい」と言う。

不審に思ったものの、この激安は捨てがたいと思い、キィーを受け取りMGMのバスに乗った。

バスに乗ってからふと思った。「そういえばインターネットを使わなくてはならないけど、どうするのだろう。確かMGMのネットは有料だった。どうやって支払うのだろう。寝酒にミニバーを使ったらどうやって清算するんだ??」

なんだか心配になってきて、もう少し旅行会社のおばちゃんの話を聞いたほうがいいと思い、バスを飛び降りた。降りてすぐにバスは出発した。

すぐに気がついた。ゴルフバックをバスの下部の収納スペースに預けたんだった。

MGMの係員に聞くと、バスが戻ってくるまで30分ほど待てという。失敗した。

荷物を待つ間に旅行会社に戻ってインターネットの使用について尋ねる。ところがなんだかあちこち電話で問い合わせ始めたので、面倒になり「もういい。話を簡単にしよう。お金を返してくれ」と要求した。

もめるかと思ったが、意外とすんなりと返してくれた。そのまま別の旅行会社へ。MOP1450にてベネチアンを予約した。

そしてMGMのバス乗り場で20分ほど待って、一人むなしい旅をしてきたゴルフバックを受け取り、ベネチアンのバスに乗り換えてホテルへ。

家を出たのが朝7時、ホテルについたのが19時。移動するだけでちょうど半日を無駄にした。結構疲れた。
(この話、つづく)



  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)