2012年05月23日

天津−上海間の高速鉄道

CIMG1327.jpg

新しい天津(西?)駅


天津から上海へ。

飛行機で移動するつもりだったのだけど、そういえば北京−上海間の高速鉄道(CRH)が走り出しており、天津もその経路に入っているようだ。

鉄道にするか、飛行機にするか、考えてみた。

鉄道の所要時間は5時間ほどとのこと。天津のウェスティン・ホテルを出てから駅までは地下鉄でわずかに10分。歩く時間を入れても出発の45分ほど前に部屋を出ればいい。虹橋の駅から上海のシェラトン・ホテルまで20〜30分ほどか。合計してドア・トゥ・ドアで約6時間強。

飛行機の場合、飛行機にのっている時間は2時間だとして、出発の1時間半前にホテルを出て、上海の空港についてからホテルまでが、鉄道と同じく20〜30分とした場合、合計約4時間。

両者の差は2時間。

料金は、鉄道は2等が500元ほど。1等が800元ほど。“商務”クラスが1500元ほど。飛行機は、エコノミーの場合、800〜1300元というところか。

それから重要な判断ポイントとして、安全性。ちょっと前に事故があったとはいえ、やはり鉄道のほうが安心だ。まあ、まず死ぬことはない。飛行機については、つい先日、インドネシアで事故があった。飛行機事故は続く傾向にあるので、ちょっと怖い。

と、諸々考えて、結局CRHを利用してみることにした。

1等にしたのだが、なかなか悪くなかった。5時間という時間は、居眠りしたり、パソコンを広げて仕事をしたり、単行本を読んだり、散歩したりしてれば、わりとすぐに過ぎる。飛行機の狭い空間で5時間を過ごすのに比べれば、ずっと楽である。

ちなみ今回使用しなかったが、商務クラスは、二列・一列で、シェルフラットシート。飛行機より高いとなるとどうなのかと思い利用しなかったが、なかなか快適そうだった。近く上海から南京に行く予定があるので、その時にでも使ってみようと思う。

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 17:24 | Comment(0) | 華北(北京・天津)