2019年06月24日

脳をコピー&ペーストした男

『未来技術奇譚集 素顔のままで』収録作品のうちのいくつかをご紹介していきます。

脳をコピー&ペーストした男

「博士」は、人の脳の情報を他の人の脳の情報で置き換える技術を発明します。脳内のニューロンの活動を読み取り(コピーし)、それをそのまま他者の脳に移植する(ペーストする)技術です。

ある日、博士のクリニックを「キツネ目の男」が訪れ、自分の脳情報を他者の脳情報で置き換える手術を希望します。男は、温和な正確な人の脳情報の移植を受けて、目つきも優しくなり帰っていきます。

一週間後、「博士」はテレビのニュースで「キツネ目だった男」は銀行強盗をし人質5人を殺害した凶悪犯であったことを知ります。男は犯行の翌日にクリニックで脳情報移植の手術を受けたのでした。

公判で、弁護側の求めで証言台に立った「博士」は被告に脳情報書き換えの手術を施したこと、被告の過去の記憶はきれいさっぱり他のものに置き換わっていることなどを証言します。この証言により、脳が全く別人となっており事件のことを全く覚えておらず、自分とは無関係なことと感じている者に対して果たして罪を問えるのかどうかが争点となります。

裁判の結果は?そして、このような事態を引き起こす技術を開発してしまった「博士」は……

未来技術奇譚集 素顔のままで
技術の進歩が社会にもたらす不可思議を描くショートショート8本を収録
電子書籍(Kindleのみ)
発行:2019年6月17日初版
価格:99円(Kindle Unlimitedで 0 円)



  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 09:41 | 著作