2018年08月24日

フーバー研究所にて(2)〜1931年上海北駅宋子文・重光葵暗殺未遂事件について

Hoover Institutionにて。
蒋介石の日記は閲覧できるのはコピーのみなのだけれども、拙著『カレンシー・ウォー〜日中通貨戦争』で準主役級のArthur N Young の日記などは実物を読むことができる。

彼が使った紙に、彼が使ったインクで書かれた文字を読むことができるわけで、日記をめくってゆくと、なんだか彼の書斎でその日にあったできごとを直接語ってもらっているような気分になった。

例えば上海北駅で宋子文および重光葵暗殺未遂事件が発生した翌日の1931年7月24日の記述。

直訳すると、
「上海に午前11時に着き、かわいそうな腴臚(ユールー。宋子文の私設秘書)が死んだと知った。彼は並はずれていい人間で、かつ将来有望だった(32才)。そして、誰からも好かれた。

T.V(宋子文のこと)は同じ日の朝に母親の死の知らせを受けた。彼の気持ちは沈んだが、それをあまり態度には示さなかった。腴臚は自分を守るために盾になろうとしたのだろう、と彼はいい、もしそうでなかったならば、死んだのは彼のほうだっただろう、といった。Lynch(Young の同僚)が23日の午後に彼に会ったとき、彼は聖書を読んでいたらしい。彼は24日の朝に彼の母がいた青島へ発った」

1931年7月23日の重光葵・宋子文暗殺未遂事件については数々の謎とドラマがあった。拙著『上海ノース・ステーション』で詳しく述べたので、ご興味のあるかたはぜひ一読されたい。こちらも『小説集カレンシー・レボリューション』の収録作品。


  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

【歴史(中国史・日中関係史)の最新記事】
posted by osono at 07:45 | 歴史(中国史・日中関係史)