2016年08月25日

ダイヤモンド・プリンセス乗ってきた

IMG_1925.JPG8/15〜8/24の日程でアメリカのクルーズ船、ダイヤモンド・プリンセスに乗ってきた。航路は横浜→清水→熊野→瀬戸内海→別府→鹿児島→釜山→名古屋→横浜。

自分のための備忘録&乗船を検討されているかたの情報として気づきの点を順不同に列挙しておくと。。。

○価格的には、食費も移動費も含まれていると考えればお得かな。サービス面では以下のように多少の不満はあったのだけれども、合計ではそこそこの金額を払ったためにサービス面でのアラが気になったのかもしれない。価格なりのサービスと思えば我慢できる。

○船の外観はピッカピカだけれども、内装はちょっと古さを感じた。

○インターネット高すぎ。1分約80円!時代錯誤。

○部屋の便座が小さ過ぎ!縦方向が異常に短い。男性は普通に用をたすことができない。日本人使用のためにウォシュレット付きの便座に交換したためか?日本人以外用の部屋にはまともな便座がついているのなら絶対にその部屋のほうがいい。

○各種船内イベントは時間より多少早めに始まることが多い。最初から見たい場合や参加型の場合、早めにその場所にいかなくちゃならない。

○食事は、悪くないけど、さすがに厭きる。別料金を払わなくてはならわない寿司屋へ2度退避した(寿司屋についてはネタの種類が少なかったり、にぎり等のセットにうどんがついてきたり、カウンターに座って注文してもなかなか出てこないなどの不満もあったけど、値段は高くなく、悪くなかった)。

○カジノの営業時間は短い。3日に一度のオ−プン。オープン1日目は昼2時間、2日目は夜2時間のみの営業。ミニマム・ベッドの金額が安い(ブラックジャック台で6ドル)のはプレーしやすくていい。

○寄港地での観光は、船に戻る時間が気になってしまうのであまり見て回ることができなかった。ツアーに参加したほうがいいかな。ただツアーはちょっと高い。

○プールが深く(最も浅いところで1.5メートルで、すぐに深くなるので、ほとんどの場所で足がつかない)、子供と遊ぶには疲れる。あと、水がちょっと汚い。

○日本人の参加者は全体の半分ほど。なぜか大陸中国人を全くみかけなかった。なぜだ?

○船はほとんど揺れない。客室内も静か。

○初参加者とリピーターのキィーカードの色が異なる。見ていると、リピーターの数がすごく多いことがわかる。初参加者は多少肩身が狭い。乗船中に次のクルーズの予約をすると5万円も割引になる(75日前までにキャンセルすれば予約金の1万円も返金される)。この戦略がうまくいっている模様。





  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 15:48 |