2015年04月26日

上海極楽湯の奇跡

image.jpg

上海東大OB会さんのアレンジで、一橋・東大・京大三学共同の勉強会があるというので参加してみた。お勉強するのは上海極楽湯の成功の秘訣。場所は先ごろオープンした上海極楽湯2号店で、以前から行ってみたかったので「これは是非!」と思った。

いやいや、すいごいすごいとは聞いていたけど、本当にすごいんだ。冬季の週末ともなると入場に2時間待ちとなるほどの大人気なのだとか。4月になって気温の上昇とともに客が減ったそうだが館内は満員だった。オープンしたてということもあるかもしれないけれど、風呂もトイレも床暖付きの床もピッカピカ。

日本本社から派遣され1号店の立ち上げも手がけた方から伺った話は驚きも少なくなかった。例えば、日本式サービスの提供を徹底しているとのこと。日本企業がサービス業や中国で売る製造業で中国に進出する場合、日本式に多少の中華風アレンジを加えることが成功の鍵だと思っていた。以前書いたビジネス書でもそんなことを書いたのに、極楽湯は日本式を徹底することで成功しているようだ。従業員のお辞儀の角度まで決めているんだって。それに、上海極楽湯の立地は一号店が浦東金橋で、先ごろオープンした二号店が祁连山南路、つまりどちらも上海のドいなか。上海においてサービス業で成功するためには立地が極めて大事であり、中国側パートナーなどのいいなりになって悪い立地で出店したりするとひどい目にあう、みたいなことも以前書いたのに、それも覆されてしまっている。

極楽湯はJASDAQに上場しているようなので、ならばさっそく株を買わなくっちゃ、と思い調べてみると2014年3月決算は赤字で2015年3月期3四半期も赤字。当3四半期決算をセグメント別に見ると日本が 約1.5億円の赤字で上海が約0.75億円の黒字。日本で大きな赤字を出し、しかしながら新規の上海事業はその赤字額の半分ほどにもなる黒字を出した、という状態のようだ。う〜む。いっそのこと日本の数十店舗を全部閉じて海外事業に特化しちゃえば、と言いたくなるような決算内容。買いなのかどうか、ちと悩む。

  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 23:04 | 中国経済