2015年02月07日

ニューヨーク・タイムズでタイムスリップ

1931年7月23日早朝の上海北站で起こった宋子文暗殺未遂事件について調べていて、ふとニューヨーク・タイムズのウェブサイトを訪ねてみたら驚いた。

1851年以降の全記事を検索できるのだという。

ちょっとした感動。

記事は全てリアルタイムに書かれているのだから当然ながら当時のことが鮮やかに蘇る。宋子文の心臓の鼓動が聞こえ、硝煙の匂いが漂ってきそうなくらいだ。

それが僕のデスクでキィーボードをパタパタ叩くだけで読むことができるのだからすごい。

ただ、全てが無料というわけではない。検索をし、サマリーを読むところまでは無料だけれども、紙面をPDFで開くためにはおカネを払わなくてはならない。

最初の4週間は99セント、以降は1週間3.95ドル。最初の4週間については安いけれども、以降の料金は、たま〜に検索するだけの人間にはちと高い。

申し込んで必要な記事だけ読んだあとにすぐ解約すればいいかと思い、F&Qで解約方法を見ると、「解約する時には電話等で連絡しろ」って書いてある。めんどくせぇ。いかにも解約させる気がなさそうだ。解約しようとしても、なんだかトラブルになりそう。

で、最初は記事閲覧を我慢しようと思ったのだけれども、しばらくするとどうしても記事が読みたくなってきて、結局「えいゃ」って申し込みボタンをクリックしてしまった。

せっかくなので、1931年7月24日に掲載された宋子文がインタビューに応じて語った内容を和訳して載せておこう。
駅の外に向かって歩き出口から十五フィートほどのところまで来た時、両側から銃を撃ち掛けられた。自分が射撃の目標なのだと思い、暗い駅舎の中では目立ちすぎる白い帽子を冠っていたのでそれを放り投げ、人の群れに向かって走り、柱の陰に身を隠した。駅舎の中は煙に包まれ、銃弾が四方八方から飛んできた。私の衛士はすぐに反撃した。駅舎内の煙が消えるのに五分はかかった。私の衛士は少なくとも四人の刺客が銃を撃つのを見た。人数はもっと多かったかもしれない。煙が消えた時、私と並んで歩いていた秘書が腹部と尻、腕を撃たれたことがわかった。銃弾は彼の身体の両側から入っていた。彼の帽子とブリーフケースにも弾痕があった。彼に比べてずっと背が高い私が傷を負わなかったことは奇跡としか言いようがない。



  この記事を「いいね!」と思った人も思わなかった人も、
  何かを感じた時は是非ポチッと!↓↓↓

posted by osono at 19:57 | Comment(0) | 著作