2019年04月16日

『花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語』脱稿!

57097031_2162953807113904_2961736372748025856_n.jpeg

ああ、ついに「完」の文字を書くことができた!
『花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語』、ついにひととおり書き終わった。単行本で548ページ相当。まだこれからたっぷり推敲しなくちゃいけないけれども、とりあえずは爽快感・達成感。
本当に辛かったぁ。広西に取材にいったのはいつだったかな、とFBでたどってみると、なんと3年前。3年以上書いていたのか。ああ長かった。。。明代(約500年前)の話なので古文献を読解するのがキツかった。特に『明実録』。テンとかマルがなくてどこで切れるのかが分からず無茶苦茶苦労した。。。書いてる途中で果たして面白くなるのか、物語としてまとまるのか、すっごく不安だった。最後まで書けなかった場合多大な時間が無駄になると、マジ泣きそうだった。。。長い長い出口の光がなかなかみえないトンネルを、ときおり車に追い越されながら、トボトボと歩いているような感じだった。。。
posted by osono at 10:45 | 著作

2019年04月15日

長奶夫人??

hoshi-alfa.jpg
主人公花蓮のモデルである瓦氏夫人について、なにしろ500年前を生きた人なので、伝承や史料のなかには「ほんとかなぁ」と思ったり、「いやいやいや、そんなわけないでしょ」とツッコミたくなるものが結構ある。その一部は小説中になんとかリアリティが出るよう工夫して採用したけれども、バッサリと落としてしまったものも少なくない。

例えば「長奶夫人」、すなわち、瓦氏夫人は乳房が極端に長かったという伝承。騎馬で出撃するときに乳飲み子を背負い、背中の子が泣くと馬を駆ったままで乳房を出して乳をやったという話。これは伝承というより伝説もしくは神話といったほうがいいかな。瓦氏夫人には実子はなかったと思われ、あったとしても領主夫人なのだから乳母がいただろうし、そもそもゴムゴムの実でも飲まずに乳房がそんなに長くなるとは思えないし。中国の他の地域でもこの手の話が語り継がれているようだから、これは女性の武勇を表現するための形容詞のようなもので、500年の年月が流れるうちにいつのまにかに稀代の英雄瓦氏夫人にもあてはめられてしまったのだろう。

でも、非現実的というだけでなく、なんか美しくないので物語中には採用しなかった。

(つづく)

花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語
(5月末にかけて連載中。7月頃まで無料公開予定)




posted by osono at 15:13 | 著作

2019年04月10日

『花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語』連載中4

「花の舞う海〜倭寇に勝った女の物語」。第1章第3節「勢力拡張」を連載中です。本日にかけて王陽明との出会いのシーンが掲載されました。昨年の一時期陽明学について勉強し、陽明学が難解なため結構苦労して書いた部分です。知の巨人でありながら天才的軍略家でもある王陽明。諸葛孔明に勝るとも劣らないスーパー・ヒーローなのですが、その業績はあまり知られてはいませんよね。ぜひ紹介したいとも思い書きました。「寧波の乱1」あたりからの数話をぜひ読んでみてください。
posted by osono at 00:00 | 著作