2013年12月31日

ペンギンの散歩/蘋如。君はいったい文隆のことをどう思っていたの?

penguin.jpg

東京に帰る前日には札幌に泊まった。そして翌日、旭山動物園に寄ってから、旭川空港発羽田行きに乗る予定を組んだ。

しかし、帰郷ラッシュのためだろう、札幌から旭川への鉄道が予約できない。3歳時は「ペンギンさん電車(旭山動物園号のこと)に乗りた〜い」と騒いだが、どうにもならない。

しょうがないのでレンタカーを借りた。朝に札幌のホテルのすぐそばで借りだし、旭川空港で返却する。

日本全国で報道されていたようだけれども、ここ数日北海道は猛吹雪に見舞われた。運転はしんどかった。高速道路も路面は真っ白で、吹雪で前方がほとんど見えないこともあった。疲れた。

旭山動物園は、評判どおり、おもしろかった。見せ方に工夫がなされており、動物たちの活き活きとした姿を見られるし、各展示施設が隣接しているので、歩き疲れないのもよかった。

写真は日に2度行われるペンギンの散歩。

きゃわいい〜。


「上海エイレーネー」(1月18日刊行予定)を書いている時、主人公・靄若のモデルである鄭蘋如に「あぁ。できることなら直接聞いてみたい」と思ったことが何度もあった。

例えば、「君はいったい文隆(近衛文麿の長男)のことをどう思っていたの?」と。

※以下、ネタバレ注意!※

小竹文夫東亜同文書院大学教授は、「ある時、中国の高官の令嬢で、日本婦人を母とする女性が、それも然るべき筋からの紹介で文隆さんに交際を求め、大学に訪ねて来たことがあった」、「その後学校の運動会の折や、その後二三回文隆さんを訪ねてきたようである」と回想している(『近衛文隆追悼集』(近衛正子他編/陽明文庫))。

ということは、蘋如と文隆とが面識があったことについては間違いがないようだ。

中国では、蘋如は特務工作員として文隆に接近したのであり、そこに恋愛感情はなかったと一般的に考えられている。その根拠は、蘋如には中国空軍に恋人、王漢勲がいたということ。漢勲は蘋如に手紙で「香港で結婚式を挙げよう」と書き送っており、結婚の約束までした相手がいるのに、他の男とうつつを抜かすわけはない、というわけだ。

ただ、近衛忠大氏によれば、文隆は妹の夫の細川護貞(忠大氏の祖父)に宛てて「学校の運動会の折に一支那美人を招待して、いとも懇ろなところをみせつけてやった。今果たして大問題になって、彼女の身元調査等やっとるらしい」と書き送っている(『近衛家の太平洋戦争』(近衛忠大/NHK出版))。

その身元調査を担ったであろう上海憲兵隊の林秀澄特高課長は、蘋如と文隆の関係を問われて「これはあまり言いたくありませんけれども、今の鄭蘋如と熱くなってしまいまして」と語っている(『林秀澄氏談話速記録』日本近代史料研究会)。

さらに、『木戸幸一日記』(木戸幸一/東京大学出版会)には「有田外相より文隆君の行動につき上海よりの来電につき話あり。一、仏租界居住高恩伯(重慶と連絡あるものと認めらる)方に出入りし、美人の娘と交際す。文隆君は常に之を連れ歩きたる様子」と記されている。

どうやら蘋如と文隆は相当に親しい関係にあり、はたからは恋人同士にしか見えたったようだ。

蘋如と文隆の間に身体の関係があったかどうかは、興味はあるけれども、この際重要ではない。知りたいのは、蘋如が文隆のことをどう思っていたのか、ということ。

『美貌のスパイ鄭蘋如』(柳沢隆行/光人社)を著した柳沢隆行氏は、鄭家の門限が厳しかったことや、文隆が帰国の際に蘋如にプレゼントを人を介してわたしてきたことなどを根拠として二人の恋を否定しているが、門限が若い二人の恋の盛りあがりを、促進はできても、抑えることなどできないし、プレゼントについては、文隆は日本に一時帰国した際に軟禁され上海に戻れなくなったのだから、直接わたしたくてもわたせなかったと考えるのが無難なように思う。

中国では蘋如は抗日戦争のヒロインにまつりあげられている。その彼女が敵である日本人と恋愛するというのでは具合も悪かろう。中国において二人の恋が否定されなければならない事情があることは理解できる。

しかしながら、王漢勲からプロポーズされていたのだとしても、実際に結婚には至っていないのだから、蘋如のほうも結婚したいと思っていたとは言い切れない。日中戦争開戦前に漢勲と相思相愛の仲だったのは確かなようだが、年単位の長い時間が過ぎれば、人の気持ちは多かれ少なかれうつろうものだ。それに漢勲は日本軍との戦いにあけくれ彼女のそばにいない。遠距離恋愛がいかに儚いものかは、それを経験した人ならだれでも知っている。祖国のために戦う恋人を待ち続けているというのはいかにも美しいけれども、それは男性側の勝手な願望かもしれない。人の心は単純ではない。

文隆は、元首相の息子とはいえ国家機密などなにももっていなかったはずだ。そんな彼は特務工作のターゲットとしてはさして重要ではなかったと思う。文隆は、家系は華やかで、カネをもっており、スポーツ万能。イケメンかつ包容力を感じさせる恰幅。豪放磊落で男にも大いにモテる。そのうえ蘋如とほぼ同年齢なのだ。仮に特務工作のために接近したのだとしても、恋愛感情が湧き上がるのは自然なことのように思えるのだが。

中国関連ブログ一覧へ


posted by osono at 10:50 | Comment(0) | 著作

2013年12月27日

3歳4か月の初スキー

image.jpgトマムに来ている。

かなり久しぶり。

いつ以来だろうと思って自分のブログでみてみたところ、なんと7年ぶり。おそらくその間一度もスキーをしていない。けっこうびっくり。

その間にトマムは経営がかわり今は星野リゾートが運営している。

そのためだろうか、施設の老朽化やサービスの不備はあまり感じなくなった。

へ〜、と思ったのは中国人客が増えたこと。報道などでは聞かされていたけど、これほどとは思わなかった。3組に1組くらいが中国語をしゃべっている。

ただ、中国人とひとくくりにしてしまったけれども、そのうちの半分くらいが広東語なのでおそらくは香港人。ということは、人口比を考えれば、今後まだまだ(大陸の)中国人が増えるのだろう。

もう20年前のことだけど、北海道に勤務していた時、雑誌に「北海道は将来アジアからのスキー客で大儲けするようになる」という趣旨の記事を書いたことがある。当時は冷ややかな目で読まれたようだけれども、ようやくそれが実現するようだ。

さて、今回僕はスキーをしにここへ来たわけではない。板やブーツはもちろんのこと、スキーウェアも持ってこなかった。

なぜだか知らないけど、ある日うちの3歳児が保育園から帰ってくるなり「雪がみた〜い」と騒ぎだした。ちょうど僕の手元には、そろそろ使わなくてはならないJALの株主優待券があり、かつ、前々から「旭山動物園にいってみたい」という家族からの圧力があり、加えて、スターウッドから「年内にあと2泊すればスイートルームへのアップグレード券を10枚あげます」と言われていたので、じゃあいっそのこと久しぶりに北海道へ行っちゃおうか、ってことになったのだ。

3歳児がいるので当然のこととしてスキーはしないつもりだった。で、初日はソリをした。ところが彼がゲレンデで目に入ったクアッドリフトに乗りたいと騒ぎだした。雪の上で仰向けになって手足をバタバタさせて「乗せてくれなきゃ動かない」と強硬に訴えた。こうなるともはや手をつけられない。

で、翌日スキーを借りた。

いやいや大変だった。自分で起きあがれないとか、そういうレベルではない。歩きもしないので、移動は全て板をつけた状態のままでダッコだし、グローブが緩いといっては泣き、がんばって斜面を歩いて登ったら「おちっこ〜」。

でも目的はクアッドリフトに乗ることだから、ほぼたいらの斜面でならしたあと山頂に上がった。

股の間に入れて後方から支えながら滑り降りた。ゲレンデ下部の緩斜面で練習している時よりもずっと楽だった。中級者コースも滑った。ターンの瞬間にヒョイと持ちあげて板の向きをかえてやるのだ。

さらにリフト数回とゴンドラにも乗った。

本人もご満悦。

やれやれ。

中国関連ブログ一覧へ



posted by osono at 21:17 | Comment(0) | 日記

2013年12月24日

タイムシフトマシン。便利!

(すでに結構前のことなのだけれども)
ある朝、目覚めてみたらテレビが点かなくなっていた。

正確にいえば、一瞬電源が入るのだけれども、5秒ほどするとストンと落ちてしまう。

叩いたり揺すったりしてみたけれどもダメ。症状は変わらない。

「テレビのない生活もなかなか新鮮!」とか「家族の会話が増えていいじゃない」などといってそのまま数日を過ごしたのだが、その実はテレビを買う出費を惜しんでいることを知っている家族からの圧力はいや増した。ついには新しいテレビを買う決心をした。

このとき、僕は3つの教訓を得た(まあ、既に知っている人からは、「何を大げさな。くだらん」といわれてしまいそうな些細なことなのだけれども)。

(1)新たに買ったのはタイムシフトマシン機能付きの東芝のテレビ。

任意に選択する地デジ6局を律儀にも全て録画し続けている。

こいつぁ、むちゃくちゃ便利。

このテレビがうちに来てから、テレビの見かたが大きく変わった。

まず、番組を見落として後悔するということがなくなった。毎週欠かさず見ている番組をたまたま見損ねた場合でも、事前に興味がなくて見なかった番組が放送後に世間で話題になり見たくなったような場合でも、遡って見ることができる。

次に、面倒な録画予約をする必要がなくなった。予約しなくたって勝手に全て録画してくれている。

それから、CMを見なくなった。常に録画されているものを見ているので、CMはほぼ全てを飛ばすようになった。タイムシフトマシン機能が普及したら、番組の間にCMをはさみこむ今の放送スタイルは存続できなくなるに違いない。番組に重ねて字幕のようにスミのほうでCMをするとか、そんな工夫が必要になるんじゃないかな。

さらに、番組表を見てタイトルと番組内容の短い紹介文を見ながら番組を選ぶようになった。つまり、「見たい」と、ある程度強く思う番組のみを見るようになった。そのため、見るでもなく、なんとなくテレビを点けていて、「へえ、こんなおもしろい番組があるんだぁ」と発見をするようなことが一切なくなった。なんだか視野が狭くなったような感じがする。

(2)教訓の2は、テレビも通販で買う時代なんだ、ということ。

ヤマダ電機が家から徒歩5分ほどのところにあるので、ヤマダ電機で買うつもりで店にまでいったのだけれども、ふと「アマゾンで買えないかな」と思いたった。そこで家に戻ってPCをパチャパチャ叩きながらカカクコムで値段を調べてみたところ、ヤマダよりも全然安く売られていることを知った。

最安値を出している店で注文をしてみた。極めて速やかに、かつなんの問題もなく商品が送られてきた。

ヤマダ電機の苦戦、推して知るべし。

(3)教訓の3。壊れた家電はまず掃除してみる、ということ。

壊れたテレビの捨て方を調べていて、なんだか捨てるのがとっても面倒になってきた。

そこで、修理したうえで、たまたまテレビを買い替えようと思っていた母に使わせることはできないか、と考えた。

僕の捨てようとしている機種についての口コミを見てみると、僕の場合と似たケースが散見されることに気がついた。

ネットによれば、原因は蓄積したホコリのためにファンが動かなくなっていること。

さっそく分解して中身を掃除機で掃除してみた。

するとなんと。。。

直ってしまった。なにも他にはしていない。掃除しただけ。それだけで直った。

くそぉ。カネ無駄したぁ!
(とは思うのだけれども、タイムシフトマシンの便利さを知ったいまや、古いテレビに戻ることは到底できない)

中国関連ブログ一覧へ


posted by osono at 23:46 | Comment(0) | 日記

2013年12月22日

放屁かと思ったら

つい先日のこと。

前夜からかすかな腹痛があったのだが、朝目覚めてみるとひどく腹が痛い。

そして下痢。トイレにいくたびに、だんだんと液体に近づいていく下痢。

そしてついに。放屁かと思ったら……

衝撃だった。もはや人間であることを続けてはいけないのではないかと思うほどだった。

下着をビニール袋に入れて捨ててしまおうかとも思ったが、まだ買って間もないものだったのでもったいなくて、家族には内緒で風呂場で洗ってから洗濯機に放り込み、それ単独で洗濯機をまわした。

身体がだるく、熱を測ってみたが36度台だった。

出すものを出してから2、3時間もすれば治るだろうと思い、僕はソファに横になり、テレビを見ながら回復を待った。

午後になり下痢は止まったが、夕刻くらいからだるさが増してきた。頭痛もひどい。

熱は38度を超えていた。体温計の数字を見て、一気に調子が悪くなった。

家族に病気をうつさないようにと書斎に布団を敷いて横たわる。もはやテレビを見る気力もなかった。

熱はグングン上がり、ついには39度を超えた。しばらく寒くてしょうがなく、のちには暑くてしょうがなくなった。

どうにもだるくて、ふと「あ゛〜」だの「う゛〜」だの声を出すと少しは楽になることに気づいた。男子たるもの痛みを歯を食い縛って堪えるべきだと思ったが、僕は男子であることを捨てた。

仰向けに寝ていると腰が痛くてしょうがなく、左向きになってもしばらくすると腰が痛くなり、右向きになってもやはり数分で腰が痛くなり、しょうがないので正座から前方にうつ伏して額を枕につけた姿勢になってみたが、腰は痛くはならないものの、頭痛を倍加するようなので、仰向けにもどった。

この一連の動作を、おそらく深夜2時頃まで続けた。

翌朝。ずいぶんと楽になっており、熱を測ると36度台に戻っていた。

ただし頭痛がひどかったのだが、イブ・クイックを飲んだらそれも一時間ほどで消えた。

原因は、おそらく玉子である。前日に忙しくて昼食を“どん兵衛”で済ますことにしたのだが、それでは少し淋しいので、ちょっと古い玉子を落として月見うどんにして食べた。それがいけなかった。

辛かったぁ。死ぬとは思わなかったけれども、

(死ぬ時はこのくらい辛いんだろうな。当面死にたくない)

などと思ってしまった。

なお、夜になって血の塊の混じった尿が出た。ゾッとしたけれども、翌朝には尿は正常に戻っていた。


さて今日も少々「上海エイレーネー」(2014年1月18日発刊予定)について。

帯に掲載される内容紹介文は次のとおり。

「太平洋戦争前夜の魔都上海。中国政府高官の父と日本人の母をもつ美人 女子大生、趙靄若は、さまざまな経験を経て優秀な特務工作員へと育っていく。 日本と中国との狭間で苦しむ彼女は、日本と蒋介石政権との間の和平を目指し 活動を始めた。しかし日本軍内の蒋介石政権を否認し親日政権樹立を目指す 一派の妨害に遭い、恋人とも引き裂かれ、敵特務機関、別名“ジェスフィールド 76号”により自由を奪われてしまう。 ジェスフィールド76号主任に接近した彼女に主任暗殺の命令が下された。 彼女にはその命令に従わざるをえない理由があった。」

中国関連ブログ一覧へ



posted by osono at 23:34 | Comment(0) | 日記

2013年12月21日

校花は魔性の間諜か?平和の女神か?

スヌーピー展.jpgスヌーピー展にいってみた。

人、多すぎ!入場料が2000円もするにもかかわらず。

以前、こういう企画が大盛況となるのって世界の中で日本だけなのだろうな、って思っていたけど、未だにそうなんだぁ、と、そんなことに感心した。

スヌーピー展
2014年1月5日まで。
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)にて。




さて、新刊「上海エイレーネー」のご紹介の続きを。
名刺用カバー4.jpg
以下帯の文言から借用すれば、

キャッチコピーは、
校花(キャンパスの花)は魔性の間諜か?平和の女神か?

本作を一言でいえば、
美人スパイ、鄭蘋如をモデルとして、太平洋戦争前夜の上海の特務工作戦と日中和平工作秘史を描く歴史ドキュメント小説」。

あらすじは、また明日。
(もったいぶているわけではなくて、どうもブログで長い文章を書く忍耐力がなくて……)

中国関連ブログ一覧へ



posted by osono at 17:11 | Comment(0) | 著作

2013年12月20日

「上海エイレーネー」2014年1月18日発刊!

とてつもなく久しぶりの記事投稿となってしまった。

なぜにかくも間隔があいてしまったのか。

その理由は……新刊がでなかったから。

僕がブログを書く動機は極めて不純なので、宣伝すべきものがなかったので書かなかったんだ。

そんな僕が突如ブログを復活して、今日からしばらく毎日書き続けようと思っているのは、ついに新刊がでるからなんである!

発行日は来月18日。

タイトルは「上海エイレーネー」

原稿用紙換算約900枚。結構長い……から結構大変だった。執筆期間が8か月。その後しばらく原稿を眠らせて、校正に4か月。計ほぼ1年を要してしまった。

あぁ。疲れた。

本の内容などは、また明日。



posted by osono at 21:45 | Comment(0) | 著作