2007年04月30日

シンガポール

ちょっと打ち合わせがあったりして、シンガポールへ。

実は(トランジットを除けば)初めてのシンガポールである。便利帳シリーズ刊行を始める時に、出版元の山と渓谷社さんに対し「シンガポールの便利帳も作ります」とタンカを切った割には、それから4年近い時を経ってしまった。



シンガポール行きを決まったのが金曜日の夕方。その日の夜、インターネットで航空券の予約をする。出発は日曜日である。

シンガポールエアラインのウェブサイトはよくできていて、オンラインで空席状況が分かるのはもちろんのこと、希望する日程の前後の日も含めて価格を一目で確認することができる。

さてこれで予約しようか、と思った時に、ふと日経新聞に、アジアで格安航空会社が増えてきているという記事が載っていたのを思い出した。格安航空会社の草分けとも言うべき会社がシンガポールエアラインの子会社であるタイガーエアウェイズ(Tiger Airways)である。

流行の格安航空ってのはいったいどんな感じなんだろう。乗ってみたい。。。

タイガーエアウェイズのウェブサイトで調べてみると、例えばマカオ−シンガポールでは、なんと片道5000円くらいからあるらしい。


残念ながらタイガーエアウェイズは上海には乗り入れていないけれども、広州・深セン・海口から便がある。そこで上海から国内線で海口へ飛んで乗り継ぐことにした。

このルートだと上海からシンガポールへ、税と燃費サーチャージを除いて、2000元以下で行くことができる。

ちなみに帰りは、ものずきにも、最も安いルートを極めてみようと思い立ちマカオ経由にした。シンガポール→マカオと飛び、フェリーで深センへ、そして国内線で上海へ。このルートではシンガポール⇒上海が2万円以下!

で、そのタイガーエアウェイズがどうだったか。ちょっとびっくりしたこともあるのだけど、それは「網酋長のめ」の企画で書く(と思う)。
posted by osono at 00:00 | 日記

2007年04月16日

初体験・レッカーで引かれる

金山からさらに杭州側に行ったところにある九龍山将軍ゴルフ場に行ってきた。

すばらしいコース。打ち下ろしのミドル、アイランドグリーンのショート、うねったフェアウェイなど、美しくかつ戦略的でもあり、またクラブハウスも立派で、上海周辺でナンバーワンのゴルフ場といってもいいと思う。今回はオープン直後ということで山側の9ホールしかプレーできなかったのだけれども海沿いの9ホールはさらにいいのだとか(詳細はその海側9ホールプレー後に「編酋長・・・」の企画で書くと思います)。



で、問題はその帰り道。

ゴルフ場出発が午後6時半。

大学の先輩であるH氏の車に乗せていただいたのだけど、出発して10分ほどでエンジンの温度が上昇、温度計マークの赤いサインが点灯した。

車を止めて、ペットボトルで近所で水をもらってそれを足し、再び出発。

しかししばらくするとまた温度計ランプが点灯する。点灯するたびに車を止めてボンネットを開けてエンジンを冷やすということを数回続けた後、「カタカタカタ」という音がしてエンジンが停止。。。

高速道路上である。周りは真っ暗。山賊が現れなければいいが。。。

道路わきには緊急時のサポート電話番号が書いたボードが立っており、その番号に電話をすると10分ほどで車が来てくれた。

「なかなか中国も発展したものだ」と少し感心する。

ただ彼らは様子を見に来ただけということのようで、車が全く動かないことを確認してレッカーを呼んだ。その車に我々4人のうち2人を乗せてもらって近くのタクシーが拾える場所まで連れて行ってもらう。



4649_2.jpg
夕日に映えるうち下ろしの9番ホール


H氏と僕の二人で、真っ暗な車内でH氏の過去の自動車トラブル話などを聞きながら待つこと約30分。レッカー車が来た。

料金は、タクシーと同じく「起歩」費があり150元。さらに距離に応じて加算される仕組みで上海まで約50キロで700元。それに有料道路代(行きは2台分、及びレッカー車の帰り分)を負担する。

ぼったくられるのではとどきどきしたのだけれども、700元の領収書をくれ、有料道路代は1元単位まで清算してくれた。

4649_3.jpg
レッカー車到着


帰宅は結局12時すぎ。

4649_4.jpg
ゴルフ場出発後5時間で上海着


posted by osono at 00:00 | 中国社会・外交など

2007年04月04日

グッジョブ

日本では他に見るものがいくらでもあるし、上海では家にあまりいないのでほとんど見ないのだけれども、広東省にいるとNHKをよく見る。

で、先週ちょっとはまっていたのが「グッジョブ」。

OLの職場での出来事を描くドラマである。

自分とは全然関係ない世界の話なのになぜそんなに面白かったのか。

おそらくドラマの中に悪役が一人もいないから。端役に至るまで登場人物全てが善人なんだ。それがなんともさわやかで心地がよかった。

NHKといえば、「にほんごできます」のエリン役のエリー、

超弩級にかわいい!
posted by osono at 00:00 | 読書等

2007年04月01日

広州ホテルランキング

今回の華南滞在、8泊で7つのホテルに泊まりました。

そういえば僕、2ヶ月に一度程訪れる広州で、ほぼ毎日ホテルを変えるので、過去に数十のホテルに泊まってます。これほど多くの広州のホテルに泊まった経験のある人はいないに違いない。

で、思い立ったのですが、広州ホテルランキングを作ってみたくなりました。

コメント付きのランキングはきっと将来「編酋長’s eye」のコーナーに書くと思うけれども、とりあえず(僕の勝手な)ランキングを以下に書きます。

WINNER! 広州シャングリラホテル

RUUNER UP 南沙大酒店

3位  ホワイトスワン

4位 中国大酒店
5位 花園酒店
6位 広州十甫假日酒店
7位 東方賓館
8位 鼎龍国際大酒店
9位 ハワナ・ハワード・ジョンソン
10位 嘉逸国际酒店

11位 ラマダパールホテル
12位 ロイヤルホテル
13位 碧水湾温泉度假村
14位 天倫万怡大酒店
15位 亜洲国際大酒店
16位 ホリディイン広州
17位 ランドマークホテル
18位 遠洋賓館
19位 広東国際大酒店
20位 マンダリンホテル
21位 白雲賓館
22位 スターホテル
  ・
  ・
  ・
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)