2007年01月30日

リニアのコソドロ

ここに書きたいと思いながらのびのびになっていること。

まず一つは「上海リニアでは自分の荷物から目を離さないように」ということ。

年末だったか、上海浦東空港までリニアに乗った時。僕は車両の一番端、乗降車口に一番近いところの通路側に座っていた。

リニアのスピードがあがってきたきたところで僕の前の列に座っているオッサンがカメラを手にし僕の横に来て写真を撮り始めた。まず一枚、僕の横上にある速度表示計の数字を撮った。リニアに乗ればよく見る光景である。しかしこのオッサンは、速度表示を一枚撮った後、車両のジョイントの部分にカメラを向けた。なにやら挙動不審である。


おじさんはそのまま数歩進み、ジョイントのところの荷物置き場へ行ってカバンを一つ取り席に戻った。そしてそのカバンを開ける。最初は「何か探し物だろう」と思っていたのだけれども、なんだかカバンの中を威勢よく探っている。やや不審に思い始めたころでオッサンの二列前の席に座っていた日本人がやってきて「それは自分のカバンだ」という身振りをしてカバンを取り上げた。

日本人はトラブルを避けるためか、ニコニコしながらの身振り手振りだったし、オジサンは「カバンが似ていたから間違えた」と言い訳をしているので、周囲の人間は大事だとは思わなかったようだけれども、これは確かにに窃盗だ。

僕は一年ほど前に成田エクスプレスの中で、同様にジョイント部分に置いておいた荷物から貴重品を盗まれたことがあり、それ以降絶対身から離さないようにしているのだけれども、こういう列車内の荷物置き場に荷物を置くのは極力やめたほうがいい、と言えるのだと思う。

皆様気をつけましょう。
posted by osono at 00:00 | 上海

2007年01月23日

広州にも本格的スパ登場 アンサナ・スパ、オープン

午前中、香港で用を済ませてから広州へ。

3814.jpg
9月24日に書いたように、僕は、うちの広州の事務所がある花園酒店にバンヤンツリーが入居すると聞いてバンヤンツリーのメンバーになった。

で、ついに花園酒店にスパができたというのでさっそく行ってみた。。。ところが、できたのはバンヤンツリーではなくて、その姉妹ブランドのアンサナスパだった。姉妹ブランドとはいえ会員カードは使えず、各種ディスカウントは受けられないのだとか。誤算!

とはいえ、オープン記念で3割引とのことなので、何はともあれ行ってみた。

部屋が明るすぎるとか、内装が味気ないとか、ちょっと不満もあったけれども、タイのアンサナ・スパから1ヶ月前にやってきたというタイ人セラピストの施術を受けなんとも満足して帰宅した。

posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年01月22日

中国発展の中心はマカオだ

失敗!!

南沙からマカオ行きのフェリーはなかった。

南沙発のフェリーはマカオ行きではなく「香港マカオターミナル」行き。つまり、香港にあるマカオ行きのフェリーが出るターミナル行きだった。

やむを得ず香港経由でマカオへ。

3811_2.jpg

マカオで宿泊したのは、昨年秋鳴り物入りでオープンしたウィン(Wynn)。

たしかフォーブスで読んだ記事によれば、従来マカオのカジノは「リスボア」のオーナー氏によって独占されていたが、それが外資に開放されることとなった。ラスベガスには二大カジノオーナーがいて、そのうちの高級路線を行くウィンがまずマカオに上陸した。今年はベネチアンを所有するもう一人のほうも、彼は全米第三位の金持ちだ、ホテルをオープンさせる。二人合わせて数十軒ものホテルを建設する計画である。

こうした状況の中、マカオへ投資が集中豪雨的に集まっており、不動産価格も高騰中なのだとか。事実町の中は工事現場だらけ。ちょうど10年ほど前の上海がこんな感じだった。

で、ウィン・マカオ。

「高級路線」というだけあって一番安い部屋にしたのだけれども(ホテルのウェブサイトで予約した)、部屋はかなり広かった。バスルームには洗面台が二つ。高級ホテルに必需のフカフカベッドと自動開閉カーテンも完備。冷房が効き過ぎで、部屋の温度を調整できなかったことをのぞけば大変満足(まあ、一人で泊まったので、洗面台が二つあっても全く意味がないのだけれど)。

カジノ・テーブルの最低賭け金額はHKD100なんだね。ラスベガスは、もう10年以上行っていないけど、5ドルだった。ということはマカオはラスベガスの約3倍!?中国には金持ちがいっぱいいるといって説明するべきなのか、それとも特に賭けが好きな民族なのか??

根がケチなので特に賭け事が好きというわけでもないので、いいショーでもやっているのかな、と期待していたのだけれども、これはまだみたい。ホテル前で15分に一度行われる噴水もなんだかパッとしない。

ところで10年ほど前にマカオに来た時にはホテル・リスボアのロビーや1階廊下を歩いていると、5メートル歩くごとに1回くらい売春小姐に声をかけられたものだけれども、今回はそのような光景は見かけなかった。一掃されたのか?まあどこかにいるのだろうけれども少なくともリスボアやウィンにはひとりもいなかった。■


posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2007年01月21日

広州からマカオへ

どうにも忙しくて、実際正月も毎日パソコンをたたいていたし、ブログをずいぶんとかけなかった。

「あ!これ、ブログに書きたい」と思うネタだけは結構あったのだけど、どんどん忘れてしまった。。。


さて今、広州の南沙開発区で、マカオ行きのフェリーを待ちながらこれを書いている。わざわざ広州市街地から1時間30分もかかるこの南沙開発区に来たのは、今年から開催されているANA杯都道府県対抗ゴルフコンペ(上海エクスプローラー社協賛)に出席するため(大会模様は後日本サイトに掲載します)。

大会は土曜日で、月曜日の朝には香港で用がある。南沙からは香港行きのフェリーがあるので、コンペの後、広州市街地の花園酒店あたりに泊まってから香港に行くよりは、ここ南沙にに泊まってから香港に行った方が圧倒的に楽。

ということで土曜日は南沙大酒店に宿をとったのだが、明日、月曜日には香港で朝から仕事がある。ここ南沙から行ったのでは香港着が11時頃になってしまうのでダメだ。でも僕は香港のホテルというのが好きではない。宿泊費が高いのだ。いいホテルに泊まろうと思ったらHKD2000=30000円前後はかかる。お隣深圳ならその半分以下なのに。

で、思い立ったのが、今日はマカオで泊まるという案。最近マカオがすごく熱いらしく、ちょっと見に行きたい。南沙からはマカオ行きのフェリーもある。マカオで一泊して、明日の朝早い便で香港へ。
posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)