2006年12月29日

浪費銭。浪費時間。

今、深圳空港Bターミナル1階のスターバックスでこれを書いている(といっても、どうもスターバックスのネットワークに乗っているのではなくて、20メートルくらい向こうのマクドナルドのネットワークに乗っているみたい)。

なんともバカげたはなしで、一昨日、ホテルにチェックインしようとしたら、「中国入国からもうすぐ15日が経つ」と言われた。ちょうど15日目が今日29日。しかし中国には31日まで滞在しなくてはならない。

今月16日から数日間、広州にいたのだけど、その間に香港を往復しておくべきだった!

ビザなし滞在可期間を過ぎたらどうなるのだろうとネットで調べたところ、うちのサイトには「15日を超過してしまえばビザ延長の手続きが必要。忘れると罰金など思わぬトラブルとなる」としか書いていないし、その他のサイトは、ハンコで押したように「滞在期間を超過した場合は、公安機関とイミグレーション規定に基づく処罰が与えられることになる」とあるだけ。

いろいろめぐって見つけた広州総領事館のページには「公安機関によって警告処分や不法残留1日につき500人民元(邦貨換算約7500円)から総額5千人民元(邦貨換算約7万5千円)を超えない範囲での罰金に処せられたりする場合があるほか、3日以上10日以下の拘留に処せられたり、事案が悪質な場合には指定期日までに退去を命じたりすることができると規定されているほか、後に必要があって中国へ入国しようとした際に、入国が拒否されることもあり得ます」とある。

まあ、おそらく期間を超過しても罰金で済むのだろうけれども、法を犯したことのない清い身だし、こんなことで今後の中国生活・ビジネスにケチがついてもかなわない。なにはともあれ一旦国外へ脱出することにした。

たてたプランが、上海のホテルを朝5時に出て、6時半発の飛行機で深圳へ。深圳空港からタクシーで皇岗の税関へ行き、香港サイドへ出てすぐに中国サイドへ戻る。そして深圳空港発11時半の便に乗る。上海のホテルに戻る予定が午後2時。全く無駄な出費で悔しいのでなるべく安いチケットを、と思ったのだけれども、それでも全行程で約2000元の出費。浪費時間は約9時間。
posted by osono at 00:00 | 日記

2006年12月22日

上海人の感覚が分からなくなってきた

上海の各ホテルで行われるクリスマス・イブ晩餐会、ちょっとおかしくないかぁ?

高いでしょぉ。

一人1000〜1500元というのが多く、延安西路の龍之夢(Regent)ホテルに至っては2200元!

まあ、うまいフランス料理が食べられるとか、名の通った歌手のディナーショーだとかいうならまだ分かるけど、たいてい料理の説明などなされていないのでたいした飯ではないだろうし、イベントはプレゼントの抽選会が中心で、質の高いショーが見られるわけでもない。

でも、どこのホテルもそこそこ予約が入っているらしい。中山公園のパリ春天については一番高いチケット(1000元強)は売り切れだとか。

中国人の場合、カップル(死語か?)で静かに食事をするってことはないだろう。おそらく4人とか6人とかで行き、それを誰か一人が負担するのだろうけど、その負担額は1万元超!

非常に大まかなくくりだけど、クリスマスを家で家族で祝う欧米、恋人同士で静かに過ごす日本に対し、賑やかに大枚をはたく上海、という棲み分けができつつあるのかしらん。

3544.jpg
実は上海ではなく広州中信広場のクリスマスツリー。広州一のビルにしてはちょっとさみしい


posted by osono at 00:00 | 中国経済

2006年12月21日

広州でも都道府県対抗コンペ、やります

上海では、大学対抗コンペは第一回から、都道府県対抗コンペは昨年より開催のお手伝いをさせていただいてきていますが、広州事務所を開設した今年は広州でも都道府県対抗ゴルフコンペのお手伝いもさせていただくこととなりました。

開催日は年初の1月20日。広州在住の皆様、是非奮ってご参加くださいませ。

posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2006年12月18日

広州〜唐苑酒家〜水泳

15日夜に上海へ行き、一泊だけで翌16日に広州へ。朝から広州へ行くつもりが、疲れがたまっていたのか昼過ぎまで起きられず。

15時30分の飛行機に乗る。出発が遅れて広州での19時からの宴会に遅刻してしまった。



宴会は唐苑酒家にて。

デカ!

最近上海にもデカイ店が増えたけど、この手のデカイ店はやはり南が発祥かな。

流花湖公園内の池に浮かぶように建っている。結構高級路線だけれども値段はリーズナブル。

■唐苑酒家
住所:人民北路流花湖公園北門
電話:020-86688863


3506_2.jpg


宿は屋内プールがあるという理由で凱旋華美達酒店。12月半ばだというのに屋外プールで泳いでいる人が結構いたのには驚いた。絶対皮膚の厚さが違う

3506_3.jpg
一見リゾートホテルのようなプールが自慢のホテル


posted by osono at 00:00 | 華南(広州、香港、マカオ等)

2006年12月13日

まだ働く人もいるけど僕は寝る

午前2時37分です。

昨今むちゃくちゃ仕事が溜まっていたけれども、ついに一段落!

「やれやれ」と一息つき、一人祝杯のついでに夜食を、と思い、最近よく食べる冷凍の鍋焼うどんを火にかけてからメールをとってみると、広州事務所のU嬢と、とあるプログラム開発中のK君よりメールが入っている。送信時間はそれぞれ1:56と2:13。

まだ働いてるんですなぁ。ご苦労様です。

でも今日は僕は先に寝させてもらいますわ。

3463.jpg
無線マウスは使いやすいが、電池交換後わずか1週間で電池切れ。


posted by osono at 00:00 | 日記

2006年12月08日

上海航空利用でANAのマイルを

上海航空の場合、国内線利用でもANAのマイルがつくって知っていましたか?

対象路線は次の15路線。

●上海―関西 ●上海―広州 ●上海―深 ●上海―襄樊(ジョウハン) ●上海―北京 ●上海―厦門 ●上海―大連 ●上海―青島 ●上海―瀋陽 ●北京―杭州 ●上海―マカオ ●上海―成都 ●上海―重慶 ●上海―富山 ●上海―西安

僕は上海広州往復の際に上海航空を選んでANAにマイルをつけています。

以前は国際、東方、上海航空等のカードをチェックインのたびに呈示していたのだけれども、国際航空と東方航空については全然郵送物とかが送られてこない。上海航空は郵送物は送ってくるけれども、ちゃんと搭乗が反映されていないことがあった。

でもANAにつければ、事後登録のわずらわしさはあるけれども確実につきます。

上海広州往復すればエコノミーで1400マイル、ファーストで2100マイルつくのでばかにはできません。

ちなみに僕のあたまの中では1マイルは5円で考えています。つまり1マイル積算すると5円もらうようなもの、と。2万マイルでアジア内の航空券と交換できますから、2万マイルは10万円相当額だとの計算です。

ということは上海広州をエコノミーで往復した場合約7000円、ファーストで往復した場合1万円以上のディスカウントを受けるようなもの、と考えるわけです。

これはかなり大きいでしょ。
posted by osono at 00:00 | 日記

2006年12月06日

Shall We Dance?

最近実はちょっと社交ダンスに凝っている。

本来は数人で教えてもらうような教室がにぎやかでよかったのだけれども、調べたところ週一回のクラスばかり(それも最近上海で流行のラテンばかりだ)。いちおう僕もビジネス・マンなので、とても定期的には通えはしない。で“やむを得ず”個人レッスンを受けている(@上海)。

本当はもっと頻繁にやりたいのだけど、なかなか日程が合わず、2〜3週に一度のレッスンだからなかなか上達しはしない。

今やっているのはモダン。モダンは密着度が非常に高い。先生は20代前半のスリムなべっぴん女性。映画「Shall We Dance?」のように、決して、決して、不純な動機で始めたのではないのだけれども、意識するなというのはやっぱり無理がある。レッスンが楽しい……(先生に失礼なので楽しい素振りはおくびにも出さないようにしているけれども)。

ただその不純さがなくてもダンスは楽しい。音楽との一体感がえもいわれぬ。

posted by osono at 00:00 | 日記

2006年12月04日

上海でジャズを聴くなら

「我们去听音乐吧」なんていう人がいるけれど、「音楽を聴くって、いったいどこへいくのだろう」とふと思った。

そこで土曜日の夜、まずコットンクラブ(Cotton Club)へ。8時半頃に行ったのだけど、客が全くおらず、怖くて入れなかった。そういえば以前もここにきて、客がいなくて入れなかったことがある。老舗のジャズ・バーだって聞いたことがあるけど、その実態はまだ知らない。■Cotton Club
住所:復興路1428号(淮海路そば)

続けて茂名南路のブルース・アンド・ジャズ(Blues & Jazz)へ。その日の出演者はたまたま、ということだろうけれども、ジャズというよりはフージョンだし、ちょっとうるさいし、門外漢の僕がいうのもなんだけど、そんなに技術水準が高いとは思えないし。
■House of Blues & Jazz
住所:茂名南路158号
3346.jpg
新天地のクリスマス・イルミネーション


もの足りず、翌日夜は新天地のCJWへ。テナーサックス、ピアノ、ウッドベース、ドラムスの4人によりマイルス・デイビスの曲などの演奏の後、普段はラスベガスで活動しているという黒人女性歌手がよく知られた曲、ルート66とか、を歌った。そこそこ楽しめた。店の雰囲気もいいし。
■Cigar Jazz WIne
住所:新天地興業路123弄2号4単元
電話:6385-6677
3346_2.jpg

posted by osono at 00:00 | 上海